2006年1杯目 勝丸@目黒の屋台物語

改めて、あけおめっ!(恥)先ほどの目黒不動尊であんなにおいしそうな関東煮を我慢したのはもちろん麺の為(^^)2006年も一麺一伸を邁進して行きます(体を壊さない程度にね)ここで年頭にあたって、一度きちんとこの一麺一伸の言葉の意味を説明しておきますょ。一麺一伸とはもともとは“一麺一心”という言葉を町田の雷門というラーメン愛好家の中では聖地みたいなラーメン店があるのです。そこの女性店主である宇都宮節子さんが広めた言葉なのですが“人を良くすると書いて食という、その心を込めて一杯のラーメンを作る”という意味で同じ志を持った素晴らしい麺屋さん達が、この雷門の女将さんに“一麺一心”の字を書いてもらって店に飾っているのです。
f0030664_189556.jpg
こちらは今から4年前に神奈川の“麺屋食堂ブラジル”に行った時に店内にあった色紙です。そうした気持ちに私も客として答えねばと本名の“伸”(初公開!)をとって、店主が心を込めて作ったラーメンに真剣に向き合って食べるという意味で“一麺一伸”を決意したのです(^^)ですからラーメンを食べる時は常に真剣です。と、前置きは以上。                             
                                               本題の本年1杯目。目黒の勝丸です。
f0030664_1845979.jpg
ここは昨年も初詣の帰りに食べましたので2年続けて食べ始めです。店主の後藤勝彦氏はラーメン職人歴30年以上のベテランです。新横浜ラーメン博物館の初代レギュラー8店にも入っていた東京ラーメンの名店で魚介系の出汁に醤油味がマッチしています。
f0030664_18261382.jpg
メニューがズラ~っと書いてありますが基本は醤油・味噌・塩ですそして醤油+塩のミックスです。しかしここに書いていないメニューがあります。店内には張り紙があるし、券売機にもあるのでシークレットメニューではないのですが“屋台物語”という店主が最初に屋台から始めた頃のラーメンを再現させるというコンセプトの醤油ラーメンがあります。それをオーダーしました。
f0030664_18323122.jpg
これです。確かに昔の東京ラーメンという感じですね。味もいいです。縮れ麺と魚介系の醤油スープがよく絡み合ってうまいです(^^)2006年、最初の1杯としては文句ない1杯を堪能しました。
f0030664_18354592.jpg
なお、こちらは一緒に行った親戚が頼んだ味噌ラーメンですが、あの日本を代表する味噌ラーメンの名店すみれに近い味でこちらも◎ですよ。
# by cuarto-dos | 2006-01-01 18:40 | 一麺一伸

初詣@目黒不動尊

新年最初はやはり初詣。恒例の目黒不動尊へ今年も行ってきました。去年は大雪で大変だったけど今年は晴れてはいたけど寒かった~(>_<)しかし身を清めて、清々しい気分で行ってきました。
f0030664_1447311.jpg
平成17年12月31日午後23時41分、我々は自宅を出てから約90分、小川直也VS吉田秀彦のプライドのメインをテレビで見たかったが断念してここ目黒区に到着。(途中、電車の中ではプライド帰りの客が吉田の勝利を大騒ぎしながら伝えてた。お前をTKOにしてやりたよ!明日ビデオにとったの見ても面白くねえーぞ!!(怒・怒・怒))そして、かつてビートきよしが歌った雨の権之助坂で有名な(?)権之助坂を目黒通り沿いに下りながら一路目的地の目黒不動尊へ向かったのであった~
f0030664_155349.jpg
おおっと、あそこに見えるのは今や首都圏に次々と店舗を拡大している揚州商人の目黒本店です。まだ現在のように拡大する以前に何回か食べたがおいしかったです。今日はひとまず通りすぎて目的地へ。
f0030664_15232116.jpg
そしてさらに直進して山手通りを超えて大鳥神社(ここも地元では有名な初詣スポット)を過ぎて坂を上りかけている我々の前に姿を現したのは♪ダダダーン(各自適当に効果音を=笑)かの有名な(財)目黒寄生虫会館であります(残念ながら現在HPが閉鎖されている模様)。興味のある方は是非どうぞ。その寄生虫会館を左折してさらに進むと見えて参りましたついに目黒不動尊へ到着です。って目黒駅から徒歩20分なんだけど…(汗)境内には出店も多く初詣客でにぎわいを見せていました。我々は新年初護摩祈願の為に大本堂へ向かいました
f0030664_1543085.jpg
ここで無事に新年初護摩祈願を受けることができました(^^)
f0030664_16235647.jpg
無事に初詣を終えて境内の屋台で一息。寒空の中で食べるおでんはさぞかしうまいだろうな~と思いながらもここはガマン。理由?へへへ(^^)当然アレょ。
f0030664_16361162.jpg
代わりに甘酒¥300を飲みました。これが今年の最初の飲食物となりましたが、ちょっとぬるくて残念(>_<)
f0030664_16381588.jpg
帰りは途中で、江戸時代に8代将軍徳川吉宗の命令で日本に甘藷(かんしょ)=さつまいもの日本に広めた史跡青木昆陽のお墓の通ってここで一枚。お墓を撮るのはさすがにどうかと思ったのでこの説明文。ということでつつがなく初詣は終わり再び目黒駅に向かうことになったのです。
# by cuarto-dos | 2006-01-01 16:43 | 目黒

A HAPPY NEW YEAR 2006!

皆様、あけましておめでとうざいます。本年もよろしくお願い申し上げますm(_ _)m今年も皆様にいいことがたくさんありまうように。“王の部屋2階”がその一つになれば幸いです(^^;)目標は、1日1題!と言っておきます。いつまで続くかな。では、さっそくいってみよう。
# by cuarto-dos | 2006-01-01 10:57 | writing

今年もどうもありがとうございました。

7月から始めたこの王の部屋ですが、こうして年末まで続けることができました。自分でもよく続いたなと思っていますが、いつも見ていただいている皆様のおかげですm(_ _)mどうもありがとうございました。この年末になって2階”にも無事に移ることができました。来年は何階までいくかわかりませんが、本年以上にご贔屓にお願い申し上げます。では、皆さん、よいお年を!王はこれから初詣に出かけてきます(^^)/
# by cuarto-dos | 2005-12-31 21:50 | writing

年越しそば

怒濤の3連発。先ほど今日の夕食、年越しそばを食べました。
f0030664_2143129.jpg
いつもは天ぷらも家で揚げるんだけど、今年は忙しかったらしく天ぷらは買ってきたそうです。でも、おいしい蕎麦だったので満足です。今年もいろいろ食べてきましたがやはり最後はこれですね(^^)
# by cuarto-dos | 2005-12-31 21:41 | food・drink

お寿司屋さんのおせち

夕方、一年間お世話になったいつものお寿司屋さんへ。先日の忘年会で大将から“大晦日におせち作るからおいで”と言われたので出かけました。
f0030664_21254941.jpg
鯛や伊勢海老、鮑、烏賊、鮎、玉子焼きの他に煮物などがたっぷり入っている豪華版です。鮑だけでも値段分以上の中身かと思われる超豪華版で大満足です。我が家でもおせちは作っていますが、お寿司やさんならではのものが食べられるのはうれしいです。
f0030664_2131161.jpg
さらにお正月用に玉子もいただいちゃいました(^^)来年もよろしくお願いします。
# by cuarto-dos | 2005-12-31 21:33 | food・drink

本年最後の麺活 九州らーめん福じん@川口

とうとう大晦日まで麺活(^^;)年賀状作成の合間をぬってお昼に活動。川口の芝ドームバッティングセンターの隣にいつのまにか“九州ラーメン福じん”なるお店がオープンしていました。
f0030664_20484187.jpg
まだ開店したばかり。と言っても12月8日のオープンだそうです。毎日通っている道の角なのにわからなかったなぁ…
f0030664_20533852.jpg
基本的には4つの味です。トンコツの九州ラーメン、トンコツ+鶏ガラの福じん、最近一部でブームの鶏白湯、そして味噌も鶏ベースだそうです。ただ、これ以外につまみ(居酒屋的)メニューがけっこうあるのが…麺屋としての評価は分かれるところですね。席は4人がけのテーブル2つに、小あがりがありそこも4人がけの席が3つ(だったかな?)あります。さらにカウンターも6~7人席があるので20人以上は入れます。
f0030664_2194795.jpg
石神秀幸氏がブームが来ると言ってる鶏白湯にしようかとも思いましたが、先日、鶏白湯の“まる玉”を食べたばかりなので、とりあえず基本の九州ラーメンにしました。味はあまりクセのないライトトンコツといったところでしょうか。近隣にある不知火に近い味ですね。やや後味が甘いです。九州ラーメンとしてはまずまずでしょうね(^^)
f0030664_21172744.jpg
こちらは明太子ごはん。ごはんがけっこうな量です。明太子は辛めでおいしいです。一年間の食べ納めとしてはまずまずだったと思います。来年もほどほどに、そして質の高い麺活をするぞ~!
# by cuarto-dos | 2005-12-31 21:22 | 一麺一伸

湾岸幕張PAの牛串

先ほどのラーメンで怒りが収まらず、何かうまいものをということで店の前で焼き鳥を焼いていました。そこには焼き鳥の他に牛串もあり、“はっきり言ってステーキです”の文字が!これはラーメンの怒りを静めるのにいいかなと思い焼いてもらいました。
f0030664_21552246.jpg
焼いている感じも悪くありません。そしてタレの香りが風にのって食欲をそそります。早く焼き上がって欲しい物です。待つこと数分、焼けました。代金を払っていただきま~す。
f0030664_21575824.jpg
見た感じもいいのですが……確かにステーキみたいな気はする。気はする……が、だ!何で脂っ気が全くないの?以前、狂牛病騒ぎの前にやはり他のPAで食べた牛串(牛カルビだったかな?)はもっとジューシーだったぞ(怒)何でこんな水分抜けてパサパサなんや!と思わず関西弁になるくらいのこれまたダメダメ商品やでぇ~。こんなん売ってたらあきまへんで!(^^;)
# by cuarto-dos | 2005-12-30 22:05 | food・drink

湾岸幕張PAの煮たまご入り醤油ラーメン

12月26日から今年最後の出張に行ってきました。場所は千葉県の御宿です。王はこの日、朝一の仕事を一つ片付けての出発となりました。後輩のS君の車で首都高速の渋滞にはまりながら東関道~千葉東金道路~九十九里有料道路の経路で一路、御宿を目指しました。その途中にいつものように麺活(^^)湾岸幕張PAで煮たまご入り醤油ラーメンを頼みました。
f0030664_21455182.jpg
やっちゃった~(>_<)地雷です。以上。
f0030664_2147652.jpg
この宣伝文句です。驚きました。こんな出会いは結構です(怒)
# by cuarto-dos | 2005-12-30 21:51 | 一麺一伸

戎(えびす)@西台 紀州の磯中華

☆王の部屋2階オープン☆                                         記念すべき1本目はラーメン(^^)12月24日。そうクリスマスイブ。この日は午前中勤務ということで仕事を終えて同僚のS君と麺活。当初は九段の斑鳩に向かう予定だったのですが、急遽S君の希望で和歌山ラーメンが食べたいということで西台の戎(えびす)に向かいました。王は以前にも行ったことがあるお店ですがなかなかのお店です。一時ブームとなった和歌山ラーメンも都内で残ったのはわずかになってきました。かの石神秀幸氏も自身の本の中でこの店は都内でも屈指の和歌山ラーメンとして評価されています。
f0030664_15274386.jpg
師走の寒風の中、幟も寒そうです(^^;)そんな中“スープが命”の看板が目をひきます。
f0030664_1531381.jpg
とりあえず和歌山ラーメンときたら、この“早すし”(和歌山では“なれ寿司”“あせ寿司”とも呼ぶ)ですね。さばの押し寿司なんですがこれをラーメンが来る間にいただくのが伝統的な和歌山ラーメンの作法です。写真がピンぼけの上にバランス悪く、紅生姜もホントに気持ち程度なのでとても美味しそうにみえませんが、味は◎です。ランチタイムなのでセットにするとラーメンについてきてお得です。単品だと100円です。光り物好きの王としては5個くらいペロリと食べたくなりましたが1個で我慢。
f0030664_15392392.jpg
この日は以前食べた醤油に魚介系のスープを合わせた“紀州の磯中華”をオーダー。ラーメンの上にシラスが大量にのっています。これはさすがに合わないのではと食べる前に思ったのですが、食べてみるとウマイ!しかしこの店で何とも言えなかったのはBGM♪ですね。店主の趣味なのでしょうか有線から流れてくるのは流行りの曲や季節柄のクリスマスものではなくジュリー(知らない世代もいるので沢田研二ね)のLOVE~抱きしめたい~、アリスの冬の稲妻、ゴダイゴの銀河鉄道999など王の世代にとってはリアルタイムで聴いたヒット曲が次から次へとかかりたまりません(^^;)店内にいると今日がクリスマスイブだとは誰も感じません(^^)おかげで久しぶりにCDラックに眠っていたジュリーの4枚組のベストを引っ張り出して(持ってるほうも持ってるほうだが…)この年末、車の中でヘビーローテ&熱唱状態です(^^;)♪壁際に寝返りうっ~て~(笑)                                                        
あ~、なんて素敵なイブなんだ~(^^)
# by cuarto-dos | 2005-12-30 15:59 | 一麺一伸