<   2006年 09月 ( 38 )   > この月の画像一覧

しばらくすみません

完全に猛虎モードになってきました。グルメなものを期待されている方には申し訳ありませんがしばらくの間は阪神ネタばかりになりそうです(^^;)どうぞご理解下さい。なお、明日からはまた出張で熊谷に3日間です。虎VS竜の大勝負も残念ながら見られません。日曜日に帰って来る頃、どうなってるか……
by cuarto-dos | 2006-09-28 21:14 | writing

9月27日(水)VS広島20回戦

f0030664_1943770.jpg
誰かが言った。“奇跡は起きるものではない”“奇跡は起こすもの”だと。まさにその言葉がぴったりの現在の猛虎。この日は誰が何と言おうと“猛虎のエース”井川慶が魂のピッチング。9回完投。8回の1失点も併殺崩れと準完封。打線も3回まではノーヒットと仕掛けが遅れたものの4回裏にアンディー・シーツ、濱中治の2ラン2発で4点先取、続く5回裏にもアニキ金本知憲のタイムリーで5点目。この日の井川のピッチングから勝負あり。スコア以上の圧勝で2年振りの7連勝。竜が負けないのでゲーム差は3。マジックもついに10とカウントダウン目前。しかし、今の猛虎なら何かをやってくれる。そう、猛虎が奇跡を待っているのでなく、猛虎が奇跡を起こしかけているのだから。“奇跡は起こすもの”う~ん、いい響きだ。それにしても井川の涙の理由は…男の涙、それは本人しかわからない悔しさだと信じたい。決して、この日の1面にある惜別の涙ではないと……
by cuarto-dos | 2006-09-28 08:15 | デイリースポーツ

9月26日(火)VS広島19回戦

f0030664_19213874.jpg
決戦の秋。いよいよ今週末、竜との今季最終3連戦。ここに来てまさに獣王無敵の阪神タイガース。この広島3連戦も3つ勝って竜との大一番に臨みたいが、そんな気持ちが通じたかのようにこのゲームもスコア的には苦戦したものの、横綱相撲で3-2で勝利。1回裏、アンディー・シーツのツーベース、そして絶好調濱中治のバットが今日も火を噴きタイムリーヒットで2点先取。投げては先発安藤優也が6回を1点に押さえる。その最終回となった6回はこれまた濱中が守備でも超ファインプレーで失点を1失点に防ぐ活躍。1点差となった、その裏は若武者、恐怖の6番鳥谷敬がライトスタンドに放り込む第14号。ここにきて、濱中、鳥谷の溌剌としたプレーが光る。その後、ダーウィン・クビアンが1点を失うもここからが今の阪神の真骨頂。吉野誠-久保田智之-8回からはジェフ・ウィリアムス、そして9回には藤川球児と久々JFK揃い踏み。これで6連勝。9月に入って14勝3敗。勝率8割2分4厘と凄まじい勢い。もう止められない、止まらない阪神電車!優勝までノンストップや!
by cuarto-dos | 2006-09-28 08:14 | デイリースポーツ

河口湖&本栖湖日記2006⑯高原のしずく

えっ?まだやってたの?王が続けると言ったら続けるのじゃ(爆)単なるネタ切れの噂も……いやネタはまだまだあるけど紹介してない夏の忘れ物があるので。
f0030664_2229130.jpg
河口湖へ向かう途中に中央高速のPAで見つけたジュース。1本¥360。た、た、高!さぞかし美味いのだろうと思って購入。その名も高原のしずく巨峰。果汁50%……って、ちょっと待てぃ!おいおい360円もとっておいて果汁50%って株式会社○間農園さん、あんた、ちょっと高くないかい?しかも、お宅、このPAの近くでも何でもないじゃん。いかにも地元って感じで販売してるのも…いや、それは買った王がバカであったということにしよう。しかし、せめて果汁90%くらいにはして欲しいモノである。
f0030664_22355215.jpg
車中で撮った1枚。いかにも瓶の周りの“汗”が真夏を感じさせてくれる。文字通り“しずく”っぽい。あぁ、この暑い日々はもう1年後なんだな。去りゆく夏に合掌……って、もう、とっくに秋やねん(笑)なお、この夏の河口湖シリーズはまだ続く予定…かな。
by cuarto-dos | 2006-09-27 22:44 | 河口湖&本栖湖日記

王のmy adidasコレクション②SUPER STAR RASTA

今日はこの夏、デビュー、王の一押しスニーカー。発売は去年すでにされていたんですが、去年は買えずSOLD OUT。今年、またネットで販売されていたので即GET!流行りのRASTAカラー=ジャマイカンカラーです。
f0030664_11185622.jpg
f0030664_11192525.jpg
f0030664_11202298.jpg
商品はadidasでもポピュラーなSUPER STARなのですがこのカラーリング。抜群です。本当はこれのヘンプ素材(大麻=といっても繊維用なのでドラッグの大麻ではないので誤解しないように)が欲しかったのだが、こちらのレザータイプの購入となりました。履いてるだけでウキウキしてくる(^^)
f0030664_11293531.jpg
デビューの日の様子。汚い足ですみませんm(_ _)mシューズに合わせて、ソックスも同じadidasのジャマイカンカラーにしてみました!思わず体を動かしたくなりました(ウォーキングですが…爆)。この日の王の頭の中では当然レゲエ、しかもボブ・マリィーがかかりまくったのは言うまでもない←すみません、前回と同じような終わり方で(汗)
by cuarto-dos | 2006-09-26 08:16 | adidas

9月24日(日)VS讀賣20回戦

f0030664_844481.jpg
よしっ!!今朝はこの一言(^^)
by cuarto-dos | 2006-09-25 08:05 | デイリースポーツ

王のmy adidasコレクション①RIO DE JANEIRO tracktop

実はけっこう“アディラー”です。以前の王の部屋にもadidasあったのですが復活です。久しぶりにネットで“何で僕を買ってくれないの”光線を発してる商品に出会いました(爆)我が財務省は凍死寸前ですが、買わせていただきました(^^)商品はトラックトップ。いわゆるジャージです。
f0030664_22575411.jpg
此方の商品名RIO DE JANEIROトラックトップです。今季のadidasはいよいよシューズのみならずトラックトップにも都市シリーズを投入しています。TOKYO、LONDON、N・Y、BARCELONAなどの大都市の他にもSAN-JUAN(サンファン=こちらはプエルトリコの首都)、KINGSTON(キングストン=ジャマイカの首都)などかなりマニアの心をくすぐる都市もラインナップ。それぞれの都市の特徴をデザインしたものものあり魅惑的です。しかし、そんな数ある中から王の心をグッと引き寄せたのは此方RIOです。
f0030664_2343393.jpg
adidasと言えば3本線ですね。今回は白地に青の3本線で復刻版ながら昔の古き良きadidas製品の良さがでてます。
f0030664_2362313.jpg
右胸にはブラジルの国旗が。サッカーのブラジル代表セレソンのような気分ですが、ブラジルの正ユニフォームであるカナリア色でないとこがまたイカス。この配色ビビッドです。
f0030664_239237.jpg
左胸には当然トレフォイル(昔のadidasのロゴマーク)が。以前にも書いた気がするがadidasはこのトレフォイルが断然ですね。現在のロゴよりこちらです。
f0030664_2311542.jpg
ファスナーの部分にもトレフォイルが使われているのはポイント高いです。もちろん、現在のadidasの商品も持ってるし、着たりするのですが違うんですよ。着ているときの気分が!重みというか、思い入れが(笑)どうですか、このトラックトップ。まあまあでしょ。以上で紹介終わります。

えっ、RIO DE JANEIROの割にはブラジルの国旗だけであとは普通のジャージっぽいですよねだって?フフフ……フフフ(爆)やはり気づいてしまいましたね。そう、まさか数多くのadidas商品を持っている王がこれだけじゃ買うわけないよね。このジャージにはまだお見せしてない部分があるよね。そこには驚くべきデザインがぁぁぁ!

RIO DE JANEIRO tracktopのデザインの核心はこちら
by cuarto-dos | 2006-09-24 23:17 | adidas

9月23日(土)VS讀賣19回戦

f0030664_21394389.jpg
火曜日の東京ヤクルト戦以来3日振りのゲームは今年最後の東京ドームでの対讀賣2連戦。29日からの竜との3連戦までこの讀賣2連戦、続く広島との3連戦の5試合は1試合も落とせない状況の中で、この日も猛虎は圧勝。見事に讀賣を粉砕。11-2の圧勝。投げては下柳剛が7回1失点の好内容のピッチング。先取点こそ奪われたもののその後はベテランらしいピッチング。打線はその下柳を後押しするかのように2回に濱中治が逆転2ラン、その後も藤本敦士のソロホームランなどで12安打11点。投打ががっちりかみ合い4連勝。竜が燕に敗れてマジックは12のまま。ゲーム差は4ゲーム。尻尾が再び見えてきたでぇ!
by cuarto-dos | 2006-09-24 22:02 | デイリースポーツ

9月20日(火)VS東京ヤクルト19回戦

f0030664_22213485.jpg
前日のサヨナラ勝ちの勢いそのままにこの日は圧勝。打線は9点をあげ、先制、中押し、そしてダメ押しとまさに効果的な得点のとりかた。投げても杉山直久が9回1アウトまでまで0点。完封かと思われたがリグスに1発を浴びて残念ながら完封ならず。しかし余裕の完投で燕に連勝。これで3連勝、そして9月は11勝3敗のハイペースで竜を追ってるで。次の土日の讀賣戦もいただきや。
by cuarto-dos | 2006-09-23 22:22 | デイリースポーツ

9月18日(祝)VS東京ヤクルト18回戦

f0030664_12181652.jpg
ナゴヤで一矢を報いた猛虎。地元甲子園に帰っての東京ヤクルトとの2連戦。この日は井川慶先発も初回にいきなり2失点、さらに4回、5回にも1失点と結局5回4失点で降板。一時はタイガース逆転もしたので勝利投手の目もあったが結局同点に追いつかれ勝利もフイに。その猛虎は2回裏に矢野輝弘の内野ゴロの間に1点、3回は関本健太郎のソロホームラン、そして5回裏は矢野輝弘のツーランで同点。そしてワイルドピッチで逆転。このまま逃げ切るかと思ったが6回に同点に追いつかれ結局延長戦へ。11回裏、無死満塁で濱中治がセカンド後方へのフライをあげるとこれをセンター青木が突っ込んできて捕球するも落球!これが決勝点となってサヨナラ勝ち!まだまだ諦めへん!この日の1面は9回裏、鳥谷敬のヒットでホーム突入を狙うもアウトになったアンディー・シーツ。何とキャッチャーを飛び越えてホームインを狙うアクロバットプレー。残念ながらアウトになったけど素晴らしいガッツや!!
by cuarto-dos | 2006-09-22 08:10 | デイリースポーツ