<   2006年 02月 ( 44 )   > この月の画像一覧

再びア・ポワン@西八王子 2

遅くなりましたがア・ポワンの続きです。
f0030664_83478.jpg
まずは、こちらムラング・カフェ¥480です。グランドスペシャリテとしてこの日、販売していました。相変わらず、こういう表現には弱い王です(汗)
f0030664_832685.jpg
f0030664_833177.jpg
はじめからカプチーノ味のムースにメレンゲの棒が3本ささっているのですが、それにこのムースをつけて食べる仕組みです。
f0030664_835125.jpg
さらにうれしいのは袋に入った替え棒が3本ついてくるところですね。最初の3本はやはり時間がたってフニャフニャした状態になってしまうのですが、こちらの替え棒はカリッとした状態のメレンゲが楽しめます。断然、この替え棒の方がおいしいです。メレンゲの甘さとカフェムースの苦味が合わさって◎
f0030664_84443.jpg
このア・ポワンのいいとこは説明の文章が入ってるところですね。写りが悪くて申し訳ないですが。。。
f0030664_843890.jpg
続いて、こちらはその名も“シュークリームの友”¥126です。シュークリーム皮を焼いたお菓子ですが、説明には、“そのまま食べてもよし、クリームをすくって食べるもよし”と書かれています。ってことはやっぱりシュークリームも買うべきだったかと思いましたが……
f0030664_844894.jpg
先ほどのムラングカフェのカフェムースをつけて食べてみました。これも美味美味。
f0030664_851340.jpg
続いてはこちら。商品名はクリのトライフル。モンブランのような一品です。ちょうど店に入った時に“ただいま焼き上がりました”と言われてついついこれも買ってしまいました。下の層は栗のムース、そしてクリームシャンティ、マロンクリームで構成されています。こちらは残念ながら期待したほどではなかったです(っていうか甘い物食べ過ぎですね)
f0030664_863038.jpg
包みもオシャレですが、フランスってよりはラテン系を感じるのは王だけですかね。全体的には店員の方の丁寧な対応も含めて良いお店です。また、マカロンを買いにいくぞ!
by cuarto-dos | 2006-02-28 08:05 | おやつ

再びア・ポワン@西八王子 1

昨日はまたまたあの大雨の中、八王子へ出張。ということで2週間前に行ったア・ポワンに再度襲撃をかけてみました~あの雨の中ですからそんなに客もいないのかななんて思ったら、やっぱりいるんですね。この日もア・ポワンのファンが。
f0030664_811185.jpg
店内に入るとちょうどクロワッサンとアップルパイが焼けた時間でした。アップルパイは前回食べたので買うつもりがなかったのですが、またまた買ってしまいました。そしてこのクロワッサン。店内に充満するクロワッサンの香りがたまりません。ところが、家に帰ってから食べると……あ~やっぱりすぐに食べちゃえばよかった。。。
f0030664_16151041.jpg
そして、またまたマカロンです。この日はひな祭り前なのでまた販売してました。年に数回しか販売しないのに2回行って2回ともマカロンにありつける幸運。雨の中、行ったかいがあるってもんです。今回はひな祭りバージョンで桃の花のイミテーションが入ってました。
f0030664_16172127.jpg
カラフルです。今回も岡田パティシエのマカロンに対する思いが伝わる仕上がりです。
f0030664_16381063.jpg
こちらもメレンゲ菓子の“ポン”です。いろんなフレーバーがあるのですがここは王の好みのパイナップル味を。口に入れるととろけます。上品すぎて王の口には合いませんね(^^;)おいしいですよ、おいしいけどこれはもっとハイソな方に合うお菓子ですね。食べ終わったあとは口の中にパイナップルの味がしばらく残ります。これがまたおいしいですね。
by cuarto-dos | 2006-02-27 08:11 | おやつ

パティスリープラネッツ@エキュート大宮 

先日、エキュート大宮を初探検。普段、車で通勤しているのでなかなかこういう駅の中っていかないんだけどびっくりでした。噂には聞いていたけど大宮の駅の中、すっかり見違えてました。さて、そんなエキュートの中でも王的に目玉はやはりこのパティスリープラネッツですね。
f0030664_13472644.jpg
いつか大泉学園の本店に行ってみたいと思っていたのですがこちらのエキュートに出来たのは非常にありがたいですね。ただ、まぎらわしい!隣の店もプラネッツかと思って注文するときに言ったら、“そちらの商品は当店ではありません”と言われ……(恥)もうちょっとはっきりと店の区分をしていただきたいです。何度も行ってればわかるけど、王のように今回が初めてだとなおさらですね。しかし、ケーキはそんな不満も吹き飛ぶ素晴らしい味でした!
f0030664_13522865.jpg
大宮駅の中で30代の男が取材とかでもないのにケーキ屋をカメラで撮るのはかなり怪しいですねぇ……そうした衆人環視下においては1枚とるのがやはり限界でした。しかし、どれもこれもおいしそうです(^^)この日は手始めに2品。さて、その店が他店と比べておいしいかどうかを比較する為に王はいつも必ず買うのはTarte aux fraises=苺のタルトです。
f0030664_14115159.jpg
こちらがそのTarte aux fraises¥500(HPでは¥450なのですが…)です。若干、他店の同商品より高めかもしれませんが、その分味は◎いや、二重丸しか記号がないですが、三重丸、四重丸、五重丸くらいつけたいです。素晴らしいです。圧倒的な苺の量、甘すぎないがコクのあるシャンティ、タルトのビスキュイはアーモンドクリームが入っておりこれも芳醇、そして何と言ってもフレイズに塗ってあるシロップ?(ソースというのかな)が素晴らしい香りを放ってます。
f0030664_14311657.jpg
もう一品はエクレールマロン¥380。マロンとシャンティーの組み合わせがこれも素晴らしい。上にささっているショコラの味も秀逸。シャンティの下のマロンクリームもすごい濃い。エクレアの部分は堅めに焼いてあります。普段はあまりマロン食べない王ですがこれは美味。
by cuarto-dos | 2006-02-27 08:10 | おやつ

2月24日のディナー 荒川静香金メダル記念(?)で宴会

最近、どうもスイーツが多すぎるぞ!の声にお答えして(単にネタ不足だったりして…)24日、出張先の川口で同僚の方々と、この日の疲れを癒しに、そして早朝の荒川静香金メダル獲得のお祝いに宴=UTAGE(爆)を開きました。写真が多いんで一つ一つ説明してると大変長くなってしまいますので出来るだけ、短く行きます。では、どうぞ。
f0030664_20501035.jpg
まずは生ビールで乾パ~イ\(^^)/飲むぞ~!
f0030664_2052623.jpg
お通しはなんだかよくわからない味でしたが、一同で枝豆の豆腐でないかとの結論。
f0030664_2054769.jpg
f0030664_20542550.jpg
f0030664_20544181.jpg
最初はやはりウオーミングアップ必要だろうと言うことで、上からヌタ、たたみいわし、ワカメ酢の体によさそうな3品から入りました。たたみいわしなんて食べるのいつ以来?最近、いや何年も食べてないものを食べました。でもおいしかったです。ヌタもいろんな海産物が入っており酢味噌の味もちょうどよい塩梅です。
f0030664_20584453.jpg
続いては同行者F君がオーダーした刺身3点盛り。ってこれはさすがに少ないっしょ!3点盛じゃなくて3人前の盛り合わせだったね、F君!
f0030664_211833.jpg
しかし、逆にこちらはF君の好プレー。王はこの日、鴨鍋にしようと思ったのだが、F君の寄せ鍋にしようという意見に一抹の不安を覚えながらも、“Fにまかせてみるか”の気持ちで鴨鍋を断念。出てきた寄せ鍋がこれです。ぐ~っど!!これだけ具が入ってるとうれしいですね。最後に食べた雑炊もおいしかったしね(って、みんな、ほとんど覚えてないか…あの飲みっぷりでは)
f0030664_2193712.jpg
続いてはこちらは王のオーダーで鯛のけんちん蒸し(だったような……)とっても上品な味でした。鯛のお腹部分に野菜が詰められています。春っぽい、そして金メダルの祝勝にぴったりの一品であったと心の中で1人自画自賛(^^)←“だったらその場で言えばいいのに”と参加した各人より聞こえてきそうだがシャットアウト、はい次行きます。
f0030664_2115421.jpg
こちらは白子ポン酢。白子ももうすぐ旬は終わってしまうんですね。今シーズンもたくさんのおいしい白子様が王の胃袋に収まりました、ありがとう!
f0030664_21185784.jpg
f0030664_2119143.jpg
ここで肉系登場。上は和牛の串焼きです。王は昔、社会人になってまだそんなにたってない時に、経済的にも今より苦しい時代に職場の後輩とこの店で、この和牛串焼き(当時は近江牛の串焼きだったような…)を食べました。何年前だろう。この店で飲みながら将来を熱く語ったのを思い出しました(恥)下は仙台牛のたたきです。どうです?いいサシでしょ?…………あ、これヤバイ。旨すぎ!
f0030664_21271092.jpg
こちらは鯨ベーコン。これも厚く切ってありますね~。濃厚な味わいがたまりません。
f0030664_2129317.jpg
そして穴子の白焼きです。しかし、もう、この頃はだいぶ酔いが回ってきた感じ……この後は、まだまだあったはずですが写真を撮るのも忘れてディープな話になりましたね(^^;)翌日はつらかったっす(>_<)
by cuarto-dos | 2006-02-26 21:25 | food・drink

サンドミニック@苫小牧 2

では店内へ入ってみましょう。
f0030664_10445696.jpg
f0030664_10433815.jpg
f0030664_10441618.jpg
f0030664_10464890.jpg
f0030664_10471623.jpg
f0030664_10473380.jpg
f0030664_10481542.jpg
いつものように画像が悪くてすみません。おいしそうなケーキなのにゴメンナサイ(>_<)
by cuarto-dos | 2006-02-25 08:08 | 苫小牧

サンドミニック@苫小牧 1

苫小牧特集続いては、スイーツ&お土産編へ突入。まずその第1弾は以前にナムコナンジャタウンで開催されたロールケーキ博覧会で金メダル、第1位を獲得したサンドミニックです。お店のHPが今、ないみたいなので苫小牧ナビという情報サイト載せておきます。こちらのお店のパティシエは高須隆一さんという方でフランスで修行をされたあとここ苫小牧にお店を出されたそうです。この日は買いに行くと高須さんがいて話をすることができ東京(こういう時ホントは埼玉なんだけど面倒くさいのでついつい東京と言ってしまう)から来たことを伝えると“おう、俺も東京出身、荒川区だよ”と非常に気さくな方でした。味もその性格がでているのかとっても優しい味です。一つ一つがきれいに、そして甘さをおさえてあり食べたあともその余韻にひたれます。
f0030664_8475990.jpg
場所は苫小牧の駅からだとけっこう遠いです。苫小牧市豊川町というところです。バスが駅から出てます。この北星小学校前という停留所からすぐです。
f0030664_850529.jpg
白樺?の木が続いてる道にあって何かオシャレです。でも雪が深い……
f0030664_8514752.jpg
こちらがお店です。白い壁のお店にフランスの国旗が目印です。この店の前が緩やかな坂になっており、下が氷でツルツルして危ないです。お店の人が一生懸命雪かきと解氷剤をまいてました。さあ、それじゃ、店内に入りましょう。。。っと時間だ。今日はこれから仕事なので続きはまたね~!
by cuarto-dos | 2006-02-24 08:57 | おやつ

よかった~

荒川静香金メダルバンザイ \(^o^)/!!早朝からテレビで応援したかいがありました。今回は初日にライブでみて(モーグルだったかな)ダメで、ジャンプのノーマルヒル見てダメな時点でライブで見るのはやめてました(夕方からのカーリングのライブは見てたけどね)しかし、最後の女子フィギュアで頑張ってくれました。こうなったらあと1つくらいメダルとってくれないかな……
by cuarto-dos | 2006-02-24 08:18 | writing

平成18年 2月24日 4時30分起床

こんな時間に何やってるんだろう(by恩田美栄……昨日のNHK見た人はわかるかな)。。。そう、オリンピックだ~!今回ブログ的に全く触れてこなかったけど、やっと日本がメダルをとれそうなので。一つ激励も込めて。ガンバレニッポン!さあ、見るぞ~って、これで日本がメダルを逃したらどうしよう………
by cuarto-dos | 2006-02-24 04:57 | writing

1月26日のランチ 港鮮みなと寿司@ぷらっと市場の“しあわせ丼”

苫小牧で食べたものの最後です(おみやげ編はまだ)最終日はぷらっと市場の中の港鮮みなと寿司へ。そこで選べる海鮮丼の“しあわせ丼”を食べました。
f0030664_8161594.jpg
こちらのお店、800円、1200円、2000円、2800円の4種類あり、それぞれの中から自分の好きなネタ4種類を選んで海鮮丼にできる仕組みになってます。4つを合わせる=“しあわせ”の丼なんですね。
f0030664_1034553.jpg
こういう自由に選べるのはうれしいですね。王は1200円でまぐろ・ほたて・さば・いかの4種類をチョイス。まさかここまではみ出すとは思いませんでした(^o^)大満足の1杯となりました。
f0030664_10374441.jpg
みそ汁もついてました。小さいほたてが入った海鮮汁なんですがこれも大きいです。こういうお店が市内にある苫小牧が羨ましいです。結局最後の最後まで苫小牧での食は満足いくものとなりました。
by cuarto-dos | 2006-02-23 08:16 | 苫小牧

2006年18杯目 ラーメンで忠(ちゅう)@苫小牧の塩ラーメン

さ、苫小牧で食べたラーメンの最後だよ~。黒潮丸で知り合った方々に半ば拉致されるように連れて行かれたラーメン屋です。この前も書いたのですが王は最後まで鮑を食べようと抵抗したのですが、この方たちにラーメンもおいしいところあるから行こうよと誘われました。しかし、それまで食べたラーメンはカレーラーメンやホッキラーメンなどはまずまずだったものの本来、王が地元でやってる麺活からすると美味いラーメンにはほど遠いものばかり。ましてや初めてあって半分酔っぱらったこの方々が美味いというラーメンはたかがしれてるなと…心の中では“あ~あ”とため息です。ところがラーメン屋に向かう途中でこの方々のうちの1人が東京の方で、けっこう麺活してるらしくまたまた意気投合。しかもその方も苫小牧に来てから6杯食べたけど、これから行くとこは昨日も行ってバツグンだった塩ラーメン専門店だよと言われちょっと楽しみに。
f0030664_21375956.jpg
雪の中、着いたのはその名も“ラーメンで忠”あ、あかんゎ…こんなふざけた名前の店。しょせんは酔っぱらい親父共か。期待薄で入店。中には店主と客の老婆が1人でラーメンをすすってる姿が…怖っ!ここマジで大丈夫かいと思ったのもつかの間、店主我々を見ると昨日はどうも~って、すっかり常連さんみたいな接し方。王以外の3人は昨日食べているのでやはり常連のようなリラックスムードで、“いや~ホントここの塩ラーメンうまかったわ~”なんて言ってます。
f0030664_21381915.jpg
たしかに、おすすめは塩ラーメンとチャーハンって書いてあるけど…まだ半信半疑の王。すると、店主が“今日はどうなの?飲んでる?”って聞きます。状況がよく理解できない王に対し、他の3人は“残念ながら今日も飲んじゃってますよ~”“じゃ、昨日と同じでいいね?”“いいっすよ”  
                                             
って、勝手にオーダーがすすんでいっちゃいました。ま、メニューにラーメン類は塩しかないからいいけど、さっきの飲んでる云々ってどういうことかわからないでいると、同行者の方が“ここは飲んでるか飲んでないかで出すラーメンが違うんだよ”と教えてくれました。おお、なかなか芸が細かいやんかと思いつつもまだ騙されんぞと猜疑心。しかし、カウンター越しに店主の作る姿を見ているうちにこれは“もしかしてとてつもなくうまいんじゃなかろうか”と期待に変わってきました。いや、期待というよりは確信に近かったですね。じっくりと仕事をみさせていただきました。3種類の塩のブレンド、そしてスープを小鍋で温め、麺は平ザルであげてました。どうやら飲んでる客には脂を入れるようです。
f0030664_21384263.jpg
待つこと数分、出てきました。写真がイマイチ、ピントがずれてるかもしれないので、伝わらないかもしれませんが、ちょっと油っぽく見えますよね。しかし、底まで澄んでいます。見事な透明度です。そしてスープ一口飲みました。“ワンダホー!”疑ってゴメンナサイ。いや~旨い旨い。コクがあるのに、ちっとも塩の味が尖っていない。すごくまろやか、そして“塩の甘さ”が出てる。これだけうまい塩のスープはなかなかないぞ。新千歳空港の中の函館ラーメンとは全然違うよ。いや、新座の名店と言われる“ぜんや”よりウマイと言っておこう!麺も函館ではメジャーな岡田製麺の特注麺でスープにばっちりあってる。食べ終わってホテルに帰る道すがらに同行者と振り返った時に“チャーシューだけがイマイチだった”と共通の意見でした。あとは素晴らしい1杯でした。何故、この味で人気が出ない。場所がわかりづらく路地裏だからか…それとも昼間は営業してないからか。いやいや恐るべし。                             
                                               
その後食べ終わって、店主と30分近くラーメン談議。いろいろな秘話を聞くことができました。“俺は行列するようなラーメン店はいいよ、それより今のペースでうまい塩ラーメン作れるほうがいいから”という一言が印象的でした。途中、老婆にかわって地元のサラリーマン2人(これまた常連)が入ってきましたが、彼らともこの店の話になり、やはり今のままでいいよと言ってました。人気になりすぎて食べるのに並ぶようじゃ困るってことを彼らも言ってました。そしてさらに驚きはラーメン屋になってまだ4年目。しかも塩1本に絞ってからは1年たってないとか……店主曰く、“こんなラーメンじゃまだまだダメだ、師匠が食べに来たら怒られるよ”(ちなみにこの師匠はかなり変わってるらしく店を出してはすぐ閉店しちゃうらしく、店主も今、どこに店を出してるか知らないらしいが、ひょっこり各弟子の店に現れるらしい)      
                                             
いや~探せばあるんだということを改めて知った苫小牧最後の1杯でした。これだからラーメンは楽しいんだよね(^^)
by cuarto-dos | 2006-02-22 22:43 | 一麺一伸