カテゴリ:王様のグルメ手帖( 22 )

中華スペシャル!1

余計な説明はするまい。
It's show time!
f0030664_19251534.jpg
f0030664_1925336.jpg

f0030664_1926182.jpg

あたしの為に真弓監督の缶を飾ってくれるところが心憎い(笑)
f0030664_1927587.jpg
本日のメニュー

まずは冬の味覚を盛り込んだ特製前菜
f0030664_1931225.jpg
芽キャベツとチキンロール。芽キャベツ食べてから写真取り忘れたのに気づきました(汗)
f0030664_19311319.jpg
チャーシューと煮豆&蓮根素揚げ
f0030664_1931868.jpg
本マグロ紹興酒漬
f0030664_1931347.jpg
伊勢エビの揚げ団子南蛮漬け
f0030664_1930576.jpg
中華風冷製ぶり大根
f0030664_19305099.jpg
イクラとクラゲの冷菜。のけから大興奮。

続いてこれまた珍味というより超美味
f0030664_19405044.jpg
蒸籠に入って仲よく登場
f0030664_1941571.jpg
こちらマテ貝黒豆ソース蒸し。ピリ辛の黒豆ソースがたまらん。このソースだけで何杯も酒が進んでしまう危険な味!
f0030664_19411955.jpg
こちらは蛤のにんにく風味蒸し。餃子の具のような食感と味のソースが蛤の旨みを封じ込める。これも書いているだけで、また、よだれが出そう。次ぎ行きたいけど長いので、本日はここまで!
ってまだ料理としてはコースのわずか2品なんだけどね…次回をお楽しみに。
by cuarto-dos | 2011-01-25 14:21 | 王様のグルメ手帖

武蔵野うどん藤原

以前(と言ってもだいぶ前。記事はこちら)に紹介した藤店うどんの店長さんが2008年に独立して開店したのが藤原。その藤原にこの1月、身も心も熱々になる新メニューが登場しました。
f0030664_1413231.jpg
相変わらず、麺は素晴らしい歯ごたえ。この日は寒くてあつもりにしました。
f0030664_1432299.jpg
新メニューは旨辛つけ汁うどん!自家製唐辛子たっぷりの辛い付け汁。韓国のチゲ鍋のような味ですが、その辛いこと辛いこと。火を噴きそうです。さらに上にのってる糸唐辛子がこれまた辛さを助長。真冬なのに汗ダラダラです。この日は新メニュー初日で、女将さんが客に感想を聞いていましたが、どの客も“辛いです”の連発でした。しかも、女将さん曰く、“あつもりは余計に辛さ感じると思いますよ”
早く言って欲しかった(^^;)
f0030664_1410365.jpg
大好物の竹輪の天ぷらはいつもの味でした(^^)うまい!!


辛いもの好きな方、うどん好きな方、HOTになりたい方、すぐに藤原へGO!

藤原の場所はこちら

by cuarto-dos | 2011-01-22 14:30 | 王様のグルメ手帖

天才料理人再登場

皆さん、クリスマスはいかがでしたか?王はキングダム(笑)でのクリスマスでした。しかし、今年のクリスマスは、我がキングダム(しつこいって)にあの伝説的料理人が再登場。この料理人について詳しくはこちら
では、一挙にいきましょ。It’s christmas dinner show!
f0030664_8413943.jpg
まずは、こちら。乾杯の肴にと出されたのはマグロのアボガド和え。皆さんも知っての通り。マグロとアボガドの相性は抜群。アボガドを丁寧に裏漉しして、脂の乗ったサイコロ大にカットしたマグロと和えた一品。その上に散らした葱も絶妙なアクセントに。一品目からそうきたか。いやが上にもこのあとが楽しみになる出だし。
f0030664_12357100.jpg
2品目は、サーモンと鯛のカルパッチョ。紅白に彩られたサーモンと鯛のコントラストに、葉物類の緑、プチトマトの赤、パブリカの黄色が見た目にも華やかでクリスマスムードを盛り上げる。
f0030664_12482259.jpg
続いてはグラタン。シーフードスペシャル。中が見えないが牡蠣と海老と烏賊がゴロゴロ入っており、なめらかなベシャメルソースは、とてもクリーミーかつ濃厚な味わい。“海のミルク”牡蠣と牛乳のダブルミルクのハーモニーが口の中で広がる。焼き具合もちょうど良し。これまた素敵な一品。そして、続いてはメイン。
f0030664_12565665.jpg
素晴らしきサシの入った牛肉。さぞかしと思い、以前の石垣牛(これについては冒頭のリンク参照)レベルかと聞くと、“イヤ、あれほどではないが、まずまずの肉が手に入ったよ”の返事。そして、まさか肉だけではないと思っていたら、
f0030664_1305590.jpg
もしかして、この色!
王:もしかしてアレかい?
料理人:そう、アレだよ。
王:GJ!メルシー!グラッチェ!ブラボー!!
そうです。フ♪ォ♪ア♪グ♪ラ♪
まさか、家でフォアグラが出るとは……では、焼いてもらいましょう。
あんたの肝臓の方を心配しなさいよというお約束のツッコミは無視させていただきます(笑)
f0030664_1374026.jpg
肉投入!
f0030664_1382364.jpg
肉、良し!
f0030664_1315582.jpg
フォアグラ投入!
f0030664_13242382.jpg
フォアグラ、良し!
f0030664_13164970.jpg
これが、料理人の腕、そして手。さすが本職の腕。太さが違う。そして年季の入った手。職人の手です。
f0030664_13285451.jpg
完成。牛肉とフォアグラのソテー。ソースはバルサミコ。たまらん。絶品や。そこそこの肉って、これも素晴らしい味じゃないの!とろけるような柔らかさ。そしてフォアグラは……言葉になりません。言葉になりませんから書きません(笑)まだまだ終わらないdinner show。続いては立て続けにどうぞ。
f0030664_13385658.jpg
f0030664_1336045.jpg
f0030664_13365161.jpg
f0030664_13404531.jpg
f0030664_13415569.jpg
f0030664_13425330.jpg
f0030664_13453683.jpg
f0030664_13461421.jpg
f0030664_13483379.jpg
ボンゴレロッソ&パスタエスパニョーラ&ガーリックトースト。怒濤の3連発。立て続けに調理。スゴイ。あんた、医龍の朝田龍太郎かいというようなスピードで本日のディナーを一人で全てやりこなした天才料理人の最後の一品は
f0030664_13543098.jpg

f0030664_8581662.jpg
こちらシャンパーニュゴールドに輝くゼリーが見えます。これは王も初めて食べる代物。愛玉子(オーギョーチィ)なる台湾のゼリーで『愛玉果凍』(オーギョーチィゼリー)と書くそうです。その愛玉果凍とフルーツとサイダーをシャーベットに使ったデザートです。最後の最後まで本当に素晴らしいdinnerでした。


誰かが言いました。身内や家族に料理人がいる人は幸せだと(^^)ちなみにこの天才料理人の専門は中華ですが、この日は最後のデザート以外は中華は出ませんでしたが、どれもこれも専門外なのに最高の味でしたよ。
by cuarto-dos | 2010-12-28 13:56 | 王様のグルメ手帖

ECHIRE~エシレ~

新年早々、とんでもない美味しいものをいただきました!!
f0030664_13513564.jpg
話題のECHIRE~エシレ~です。その代名詞ともいうべき発酵バターの品質は世界のロイヤルファミリーが好んでいる素晴らしい一品。これだけで説明は十分でしょう。さらに詳しくはこちらをどうぞ。そのECHIREの最高級バターをこれでもかと使ったお菓子やパンが昨秋、東京丸の内にオープンしました。その名も『ECHIRE MAISON DU BEURRE』~エシレ・メゾン デュ ブール~
ロイヤルファミリーを魅了するその味に期待は高まるばかりです。
f0030664_14131124.jpg
いただいたのは此方。右側のフィナンシェ。そして左側のマドレーヌ。期待に違わぬ、いや、期待以上の味。このバターの濃厚さはどう表現したらよいのでしょうか。たまりません。申し訳ないが、今までのフィナンシェやマドレーヌは一体何だったのかと思わず言いたくなってしまうほどです。恐るべしはエシレバター!!こうなると、やはり他のラインナップも食べたくなりますが、クロワッサンは連日、即売り切れ状態みたいですね。そしてバターケーキも食べてみたいですね!送り主様、勝手なお願いですが、今度は是非クロワッサンをお願いしますね(^^)/
by cuarto-dos | 2010-01-11 13:48 | 王様のグルメ手帖

某所にて

f0030664_21472620.jpg
本日より、本年度最大のミッションの為、1週間の出張です。首尾良く目標達成のために、初日気合いを入れさせていただきました。夕食にいただいたのは牛たたき飯。タレが甘いかと思いきや、キレのある辛めのタレでした。まずは明日のミッション頑張らなければ!同じプロジェクトチームの方々、頑張りましょうぜ!!
by cuarto-dos | 2009-07-27 21:47 | 王様のグルメ手帖

参道うなぎ茶屋 氷川まんまる

今日はこの夏、2回目の土用の丑の日。前回も王はうなぎをいただいたのですが、今日はちょっとのんびり出来る日ということもあり、王妃と二人で久々にお昼に外食。もちろん、うなぎ!向かったのは、こちら。
f0030664_1804093.jpg
f0030664_181076.jpg
参道うなぎ茶屋 氷川まんまるです。
f0030664_188037.jpg
文字通り、氷川神社の参道、一の鳥居のすぐ脇です。さいたま新都心駅から歩いて5分程度です。
f0030664_18104317.jpg
ランチタイムに行ったのですが、もう営業終了近く、無難に鰻重をオーダー。タレはやや辛目。個人的にはもう少し甘めタレがよいかな。。。もちろん、美味しかったですよ。
f0030664_18124159.jpg
待ってる間に、肝焼きも(^^)あ、これヤバイ!お酒欲しくなっちゃう(^^;)ということで本日のお昼は二人でちょっと贅沢してきました(^^)/その間、プリンセスの面倒を見てくれた、じいじ、ばあば、どうもありがとうございましたm(_ _)m
by cuarto-dos | 2008-08-05 18:14 | 王様のグルメ手帖

お待ちしています(笑)

今週はバレンタインデーですね!皆様からのチョコレートお待ちしておりますよ(笑)中でも、このお店は大歓迎ですよ(^^)
f0030664_1391889.jpg
NOKA詳しくはサイトをご覧下さい(爆)特にこういうのよろしくね(爆)チョコのお値段としてはありえないけど。。。
by cuarto-dos | 2008-02-12 06:57 | 王様のグルメ手帖

謝朋殿粥餐庁~SHAHODEN KAYU SANTIN~

映画を観た後はお腹がすいたのでディナー。でも『アース』を観た直後でもあり、少しエコを考えてヘルシーにお粥を(笑)コクーン内にある、お粥のお店謝朋殿 粥餐庁~SHAHODEN  KAYU SANTIN~です。
f0030664_917691.jpg
f0030664_9184264.jpg
平日の18時過ぎくらいということもあり店内はすいてました。
f0030664_9235131.jpg
ちょっと照明が暗めのお店でした。
f0030664_9255267.jpg
散々、悩んだあげく、2人共、セットを頼んでガッチリ食べてしまいました(^^;)こちらはAセット、お粥+ミニフォー+杏仁豆腐のセット。
f0030664_92913.jpg
プリプリ海老ワンタン粥。思ったより、薄味でした。
f0030664_93236100.jpg
こちらはミニフォー。蒸し鶏入りの塩味でした。

続いてBセット!
by cuarto-dos | 2008-01-24 07:10 | 王様のグルメ手帖

続・都内某所で中華を満喫

すっかり、年またぎになってしまいました(汗)その理由は……料理名などを忘れてしまい思い出そうにも思い出せず、作った方に聞こうと思ったのですがなかなか会えず。で、やっと説明を今回聞くことができました(笑)では、去年の画像ですがお正月ということで華々しくどうぞ(笑)まずは前回からの続きです。
f0030664_22231034.jpg
海鮮のカボチャピューレー仕立て。カボチャピューレーの中にはアワビ・カニがゴロッと入ってます。そして上にのっているのは、トビッコとミョウガです。最初から美味しさ大爆発です。
f0030664_2227650.jpg
続いては前菜の盛り合わせ。左端からトマト、クラゲ、その右はナス、さらに右がニガウリ。上に行って、明太子の湯葉巻き、クルマエビ、中段の右は豚の皮付きバラ肉の焼き物、腸詰め。ニガウリ以外はそれもこれも最高です。下段の笹舟にのっているのは、左より、紹興酒漬けマグロの炙り、オクラと長芋のゼリー寄せウニ添え、塩漬け玉子入りイカの印籠詰め。どれもこれも、美味しくてお酒もすすんでしまいます。

では、これより怒濤の中華攻め
by cuarto-dos | 2008-01-06 23:20 | 王様のグルメ手帖

モツ鍋~華雫~

浦和レッズ惜しかったねぇ~珍しくサッカー真剣に見ちゃった。さて、昨夜はレッズの勝利を祈念して(?)浦和の町で気の置けない高校時代の仲間6人との忘年会。向かったのは浦和にあるモツ鍋の華雫(かしずく)いやぁ~美味しかった&楽しかった
f0030664_22291.jpg
やはりモツ鍋は美味い(^^)
f0030664_2253244.jpg
そして、こちらは呼子の萬坊のイカシュウマイ。これも美味。美味い食べ物に美味い酒、そして楽しい仲間。最高でした。
f0030664_2281482.jpg
駅前は今年もレッズのイルミネーションが輝いてました。以上終了。えっ?何かあっさりですか?

はい。“医龍”始まっちゃったから(^^;)
by cuarto-dos | 2007-12-13 22:10 | 王様のグルメ手帖