カテゴリ:Road to my home( 22 )

来夏公開!!超大作MI-4~権利書を奪還せよ~part6(笑)エピローグ…そして伝説へ…(爆)

新聞のテレビ欄風に書けば

来夏公開!!超大作MI-4~権利書を奪還せよ~part6(笑)エピローグ…そして伝説へ…(爆)
▽遂に今夜完結!!
▽権利書はどこに?
▽そして3人の運命は?
▽いまだ登場しない大工の父子とは?
▽見逃せないハントのアクション
▽謎が謎を呼ぶスリル満点の展開
▽そして信じられない結末
▽あのアクション超大作が今夜時間延長SPで遂に完結。絶対見逃せないハントの最後の活躍。今夜、あなたは全てのミッションを知る!!


ま、こんな感じですか(笑)では、いきます!
王inいーじゃん・ハント
“MI-4~権利書を奪還せよ~”


at HOME:12:30
ハントが部屋に戻ると父と母はすでに倉庫へと行く準備をしているようであった。しかし、顔色は相変わらず冴えない。

ハント:お待たせ。じゃ、行くか!

父:そうだな。今日は○さん(大工さんの名前)も手伝いに来てくれるって言ってたよ……何とか探さなきゃな。

ハント:大丈夫、あるよ。

しかし、ハントも内心は不安で仕方なかった。なぜなら、もう探す場所はないのはほとんどわかっていたのだから……

at SOUKO:12:45
3人は昨日と同じように荷物を一つ一つ出しては調べる。空しい……“もう、やめよう”その一言を誰かが言ったら全てが終わる。そんな雰囲気であった。何とかムードを変えたい。

ハント:○さんに電話してみようか?何時に来るのか?

父:そうしてくれ。

ハントは阪神タイガース仕様の携帯を取り出すと、大工の○さんへ電話した。しかし、出ない……裏切られたか…作戦は失敗に終わってしまうのか……再び重苦しい空気が漂う。と、そこへ、王の携帯が鳴った。着メロは♪たらこ~たらこ~たっぷり、たらこぉ~であった。大工の○さんからの電話であった。

大工B(○工務店の親方の息子):もしもし○工務店です。ハントさんですか?

ハント:おお、○さん。今どこにいるの、早く来てくださいよ!

大工B:すみません、ちょっともう一つの現場なんですよ。今終わったんで、これから行きますから。

大工の父子はいまから倉庫に来てくれることになった。少しだけ元気の出る3人。これが突破口となった。

父:じゃ、大工さんが来るまで、いらないものを片付けるか。ゴミ袋がいっぱいいるな。ハント、買ってきてくれるか?

ハント:ラジャー!(笑…さすがにラジャーはないわな)

父:それと、お茶とおにぎりでも買ってきてくれ。

ハント:わかった、じゃ、行ってくる。
ハントは愛車を駆る(笑)→ここでまたしてもハントの驚愕のカーアクション(爆)

まずはゴミ袋。ゴミが大量に出ることを考えると業務用のでかい方がいいだろうと考えホームセンターへ。向かったのはドイト与野店。華麗なテクニックを見せ、車を駐車したハント。店内で90リットル用のゴミ袋を買おうとしてレジに並んだ瞬間……再びあのメロディーが店内に響く!♪たらこ~たらこ~たっぷりぃたらこぉ~♪さすがにレジのアルバイトのお姉さんも失笑である。しかし、この電話が全てを変えたのであった。

ハント:もしもし。あ、○さん。どうしました?

大工B:ハントさん、うちの親父が権利書は絶対に家(マンション)にあるはずだからって

ハント:いや、家中全て探したみたいなんですけど…

大工B:とにかく、一度、マンションに戻ってきてくれませんか?親父がどうしてもマンションの中をもう一度探したいっていうから。

ハント:わかりました。すぐに急行します。

そしてハントはすかさず父に電話

ハント:もしもし、今、○さんから電話があって絶対、権利書はマンションにあるはずだからって。だから、一端、マンションに戻るよ。

父:ああ。でも、ないと思うよ。母さんと全て(いいですか、皆さんここ覚えておいて下さいよ、全てって言ったんですよ!)探したからな

at HOME again
大工を待つハント。すぐに大工はやってきた。

大工A(○工務店の親方):ハントさん、入らせてもらうよ。

大工B:失礼します。

それはまるで刑事が家宅捜査をするかのような勢いであった。さすがのハントも圧倒される。

大工A:7月に引っ越した時に俺が倉庫からこっちに大事な書類一式を奥さんに頼まれて重箱のような桐箱に入れて持ってきたんだよ。さあ、その箱の中見せて。その中に入ってるはずだから。

大工B:ハントさん、俺も親父の言うとおりだと思う。

ハント:えっ?うちの親は非常用の持ち出し袋って言ってたはずですが……

大工A:いや、それは勘違いしてるんじゃないかな。たしか、箱の中だよ。引っ越したあとにその持ち出し袋に入れてなければね。

な、なんと、ここで初めて明かされる真実!袋ではない……だとしたら、昨夜からのあの倉庫での荷物の山との格闘は…はじめからないものを俺は探し続けていたのか……信じられない。でも、今はまず権利書の存在が先決。ハントはすぐに父に電話

ハント:もしもし、重箱のような桐箱ある?

父:あ、あるよ。どうした?

ハント:その中にあるらしいぞ!

父:押し入れの中だけど、昨日、箱の中は見たよ。

ハント:とにかく、また連絡するよ。

箱のありかを聞いたハントは、その桐箱を取り出し、大工Aに差し出す。

大工A:そうそう、これだよ、この箱!この中に入ってるって!

ハント:でも、この中も探したみたいなんですけど……

大工B:いや、間違いないですよ。これですよ。この中。

すごい自信だ…なぜ?人の家の事をこんなに自信を持って言えるのだろうか(笑)でも、そんなことはどうでもよい。いよいよ、箱を開ける時が来た!
つづく


って言ったら怒るよね?

じゃ、箱の中どうぞ
by cuarto-dos | 2006-12-07 23:31 | Road to my home

来夏公開!!超大作MI-4~権利書を奪還せよ~part5(笑)

アメリカのパ○○○○ト社より映画化のオファーが……(爆)



土曜の午前中、早退をしようとしたハントに、同じ課の同僚H(職場のHさん)から声が……

同僚H:帰っちゃうんですか?何かあったんですか?

ハント:ちょっとね。しばらく仕事を休むかもしれない……

同僚H:またまた(笑)

ハント:いや、ホントに来ないかもよ…


こんなやりとりがあったのだがハントは決して悪気があって言ったのではなく、この時は本当に何日かその後の手続きがあるかも知れないのでそう告げたのだった。しかし同僚Hはその夜に、あまりにもハントの様子が変だったのでわざわざ心配してメールをくれた。メールの内容は本人の承諾を得ていないのでここには載せられないがHさん、ゴメンナサイ心配をかけて。さらに帰り際にやはり同僚A(職場のAさん)からも声がかかる。

同僚A:ハントさん、どうですか、調子は?お家の方はまもなく完成ですよね?

ハント:それがちょいと面倒なことになった。

同僚A:えっ?どういことですか。

ハント:詳細はこのミッション(笑)が終わったら明らかにするよ。もしかしたらハント家は路頭に迷うかもしれない…

同僚A:………

Aさんも心配そうであった。ゴメンナサイ。
しかし、お二人とも今は、このMI-4を楽しみにされているということなので、ハントに出来る罪滅ぼしは一刻も早く、この物語を完成させる事なのである。


U・R・A・W・A:AM11:30。土曜の昼、ハントは父母の待つ倉庫へと愛車を飛ばすのであった。途中の浦和の街はレッズの優勝決定ゲームに備え赤く染まっていた……そして、ハント家もこのあと、レッズ優勝にも劣らないドラマチックなフィナーレが待っていたのだ。しかし、その時はまだ、3人ともそのフィナーレを予想しているものはいなかった……

つづく。
by cuarto-dos | 2006-12-06 00:22 | Road to my home

来夏公開!!超大作MI-4~権利書を奪還せよ~part4(笑)

不安なまま土曜の朝を迎えたハント家。昨夜ネットで調べ、権利書がなくても大丈夫なことを伝えるも、ホッとした表情を見せるも、やはり、雰囲気は重い。そんな中、ハントは仕事に行かなければならなかった。


ハント:今日は仕事を途中で終えて帰ってくるから、お昼過ぎからまた探しに行こう!

父&母:そうだな……
(しかし、もう探すところはないのは3人とも痛いくらいわかってる…ツライ)

舞台はかわって職場のあるWARABI:AM7:30(スクリーンに場所説明でたとえばLONDON:AM9:00とかN.Y:PM22:00とか出るよね。あれですよ…笑)

職場に着いたハントはここで職場の先輩N(N先輩)に相談する。

ハント:今日、ちょっと早退するんですけどいいですか?

先輩N:どうした?体調でも悪いの?

ハント:いや、体調はこれから悪くなりそうです(笑)。実は、ちょっと困ったことになりまして。

先輩N:なんだよ。どうしたの?

ハント:実は………ないんですよ。

さすがにハントが母親にボケをかましたようなリアクションはなく(PART1参照)……先輩N:何がないんだよ。

ハント:土地の権利書です……親がどうやら紛失したようで…

先輩N:はぁ?何言ってんだよ!権利書って映画とかドラマに出てきて、ギャンブルなんかで最後の大勝負するときに“じゃ、これで最後の勝負を!”って取り出すアレだろ!そんな大事なものなくすわけないだろ!!

ハント:いや、それが~云々~(詳細を説明)

先輩N:それ、大変じゃん。しかし、そんな大事なものを非常用持ち出し袋に普通入れないだろ!

ハント:親にそのまま言ってやって下さい(苦笑)

先輩N:とにかく出てくることを祈ってるよ。


不安でたまらないまま本日やらなければならない仕事を終えたハントは急いで家路に向かうところであった。

ここで、意外な人物から声がかかった

つづく

はい、気になりますねぇ~続きを早く読みたいですね。でも、続きは今夜のお楽しみ(^^)/
by cuarto-dos | 2006-12-05 06:08 | Road to my home

来夏公開!!超大作MI-4~権利書を奪還せよ~part3(笑)

全世界待望の続編。いよいよストーリーは佳境に。


金曜、午後9時過ぎ。ハント家の権利書探しは始まった。ベッド、タンス、食器入れ、テーブルなど大きな荷物の間にこれ以上入らないというくらいの段ボールの山。しかも、それを出しても置く場所もない状況。それでもハントはその段ボールの山を次々と片付け、家具の中をかき分けて布団が入ってる場所などに次々とアタックをかける、MI-1でトム・○ルーズが天井から宙づりになってフロッピーに情報を盗み出す場面を彷彿させる決死のアクションシーンである。しかし探しても探しても出てこない……気持ちは焦る、3人とも疲労の色が。次第に言葉もきつくなる。

父:そこはさっき探しただろっ!

母:そんなこと言ったって、どこを探したか探してないかわからないわょ!


父は自分のミスに怒り、母も自分の責任だと今にも泣きそう。最悪の状況である。まずいな、ハントは何とかこの状況を打破しなくてはと考えて段ボールからあるものを取り出した。それはハントが幼稚園の時に書いた絵であった。

ハント:ちょっと見てよ、この絵。あまりにもひどくて笑っちゃうよ。

たしかにひどい。いやひどすぎる。その絵は“虎”のような動物が描いてあったが8本足がある奇妙な動物であった。この頃からハントの絵のセンスはひどかったことが証明された。ちなみに、のち小、中学校の美術の成績は5段階で必ず1か2しかもらったことがない。その絵をみた両親も思わず苦笑いであった。

ちょっと休んで次善策を考える3人。

ハント:とりあえず、今日はやめよう。もう時間も11時過ぎてるし、明日もう一度落ち着いて探そう。なきゃ、ないで次の手を考えよう。大丈夫だよ。

父&母:そうしよう。

しかし、帰りの車中はお通夜のようであった。父も母も自分たちの責任を痛感しているようで一言も口をきかない。重たい空気が3人を包んでいた。

やがてマンションに戻り、また、マンションの中を探し出す父と母。そしてハントはまずインターネットを開き、まず朝のうちに更新していたブログに書き込み。それが“諸般の事情により数日お休みさせていただくかもしれませんm(_ _)mしばらくお待ち下さい。”のあの記事である。次ぎに権利書がなくても銀行の融資を受けられるのかどうかを確認するのであった。日付はすでに土曜にかわっていた。3人は各自、この重苦しい雰囲気の中で運命の日の土曜日を迎えるのであった。


続きはただいま構想中。しばらくお待ち下さい(^^)/
by cuarto-dos | 2006-12-04 08:19 | Road to my home

来夏公開!!超大作MI-4~権利書を奪還せよ~part2(笑)

反響続々である。早く続編を!!その数は、昨日の浦和レッズ初優勝の埼玉スタジアム6万2241人を越える勢いである(笑)

では、Part2お楽しみ下さい。


土地の権利書紛失というハント家最大のピンチ。その権利書がないと銀行からの融資ができない(ま、ホントは他に方法があるんだけど難しい法律用語が出てくるのでここでは省略。でも、これも今回勉強しました)。金曜の夜、ハント家の歴史上最大の作戦が開始された!!


ハント:最後に見たのは?

父:7月に家を壊すときに大事なものだからマンションに持って行こうと非常用の持ち出し袋に入れたはず。でも、その非常用持ち出し袋ごとない

母:たしか、一度、荷物を預けてる倉庫に他の謄本とか大事なものと一緒に入ってるタンスごと持ってったのよ。で、大工さんに頼んで持ってきてもらったんだけど、権利書は非常用の持ち出し袋に入れたはず。

ハント:ってことは、その袋の中にあるんだね?

父&母:た・ぶ・ん(この“たぶん”がトリックだった!!)

ハント:じゃ、袋があるのは倉庫?

父:非常用袋だから必要なんで以前に一度、倉庫に探しに行ったけど荷物がいっぱいで何がどこにあるかわからなかった……あるとも、ないとも言えない。

ハント:やるしかないね……レッツ・ゴー!カモ~ン!!(さすがにこうは言わなかったか……笑)

……(ここで再びM・Iのテーマソング流れる)……
車に乗り込み、倉庫に向かう3人。ハントはスタントマンを使わず自らハンドルを握る。手に汗を握るカーアクションシーンだ(爆)倉庫に到着

しかし、倉庫はこれ以上、何をどこに動かしたらいいのかというくらいぎっしり荷物が詰まっておりその光景を見て呆然と立ちつくす3人……この巨大な山の中から薄っぺらい書類を見つけるのか…しかも手がかりは非常用の持ち出し袋のみ。それでもやるしかないのだ。ダメならハント家は新居の夢を諦めるしかないのだ。午後9時。3人のあくなき戦いはこうして始まったのであった



さて、無事に権利書を取り戻すことが出来たのか…ストーリーはPart3へと続く……
by cuarto-dos | 2006-12-03 18:04 | Road to my home

来夏公開!!超大作MI-4~権利書を奪還せよ~part1(笑)

あたしはもうくたくたです(笑)今日は来年夏公開予定のMI-4の紹介です。

出演:いーじゃん・ハント(ミッション・インポッシブルを見てる人はわかりますね…笑)=王
ハントの父=王の父
ハントの母=王の母
銀行員=○○○銀行○○氏
大工A=○工務店の親方
大工B=○工務店の親方の息子
職場の先輩N(N先輩=友情出演)
職場の同僚H(Hさん=友情出演)
職場の同僚A(Aさん=友情出演)


【あらすじ】念願の新居を建設中であった諜報部員のハント(王)が金曜の夜に勤務を終えて仮住まいのマンションに帰ると、ハントの父(王の父)とハントの母(王の母)が青ざめた表情でつぶやいた

父:ハント、帰ってきたか。大変なことになった。

ハント:父さんどうしたんだい?

父:……

母:ないのよ

ハント:(まさか、ないって?今さら弟や妹が…爆。そんなことはないと思いながらも)何がないの?

母:家の土地の権利書よ。

ハント:それがないとどうなるの?

その前に父と銀行員のやりとりを。

銀行員(○○○銀行○○氏):もしもし、住宅ローンのご融資の件ですが、建物の方もほぼ完成しましたので、最終的な契約に入りますのでご都合の良い日にお越し下さい。なお、その際に土地の権利書が必要になりますので必ずお持ち下さい。

父:わかりました。息子が帰ってきたら都合のいい日を聞いて連絡しますね。それと権利書ですね。必ずお持ちします。……電話を切る……

そして上の場面へ。そう、この新居完成の最終段階、あとは融資をしてもらって支払いという段階でハント家の父と母は土地の権利書を紛失してしまったのであった!!ハントは何としてもこの権利書を手に取り戻さねばならない。取り戻さねば銀行からの融資は中止。そして工務店からは支払いの期限が迫ってることを告げられる。(ここでMI=ミッション・インポッシブル(スパイ大作戦)のテーマソング流れる)今、いーじゃん・ハントの人生を賭けた戦いが始まる!!

【みどころ】期限までに権利書を取り戻さねば全てを失いかねないハント家。次から次へと浮かんでは消える記憶、そして深い闇、事件は意外な展開を見せ誰もが予想しない結末へ。息つく暇もないアクションとスリルの連続、CGやスタントマンを一切起用せずハントが全てを演じている点も見所の一つだ

さて、続きが読みたくなってきたね(笑)でもちょっと待ってね。以下緊迫のPart2へ続く。


なお、この話はほぼ事実です(笑)
by cuarto-dos | 2006-12-02 21:52 | Road to my home

王の城築城日記⑬全貌が明らかにっ!!

さいたま市のランドマークになるのではないかと噂され、これまでヴェールに包まれていた王の新城の全貌が遂に明らかになった。予想よりもかなり大きく、これなら、さいたま市のシンボルとして、また国宝・重要文化財として認可される可能性は高いという。また、イオン与野店の目の前にあり、これからは週末のイオン渋滞と共に王の新城見学渋滞も心配され関係者はその対策に頭を痛めているという。以上、妄想記事(爆)では、その全貌を見ていただこう。
f0030664_9312718.jpg
f0030664_9341713.jpg
二層の外壁にダークグリーンの屋根。そして朝日が差し込み壁が輝き見事に映える。
f0030664_935312.jpg
門柱も出来てきた。
f0030664_9361937.jpg
カーポート(駐車場って言えよ…笑)はまだもう少しかかりそう。
f0030664_9383680.jpg
こちらは西側から写した一枚。縁にはアクセントのタイル。さあ、あと10日を切った。いよいよ完成に向けラストスパート!
by cuarto-dos | 2006-11-22 07:00 | Road to my home

王の城築城日記⑫落成間近!part3!

今日はホントにのんびり過ごしました。ここ何ヶ月かはオフの日も何だかんだ言って職場へ向かうことが多かったのですが、本日はそれもなし。お昼までふとんの中でゴロゴロ。そして午後からは録っておいた『セーラー服と機関銃』を第1話から全部見ようとしたのですが……ショック!第4話と第5話を録り忘れた!!続きが気になる。しかも第3話終わった時にあと残り4話って!!先週の金曜の5話終わってあと2話しかないのっっっ!!

お願いです、誰か第4話と第5話を録画したのを貸してくださいm(_ _)m

さて、その後は散歩がてら、城の建築進行状況を見に行ってきました。ということで、3夜連続!!王の城築城日記⑫落成間近!part3!をお届けします(爆)本日、撮りたての画像ばかりですょ(笑)
f0030664_18594960.jpg
f0030664_19213086.jpg
まずは外壁系統からいきましょ。今回の築城では外壁を決めるのに親子で意見が分かれました。王は流行のタイル系にしたい、父親は塗り壁系にしたい。ということでお互いの妥協で2階のベランダまでタイル系、そしてそれより上を塗り系ということに落ち着きました。色はローズピンクというかもう少しオレンジがかったアプリコットです。
f0030664_1962072.jpg
アップで撮ったとこですが、やはりカメラと現物は光の加減なんかでかわりますね。カタログで選ぶのと、現物が違ってイメージ通りでないってことありますよね。やはり自分の目でみないとダメです。この写真だとちょっと違う感じです。現物はもっといい感じの色です(汗)
f0030664_1994938.jpg
3階部分の塗り調の壁。これも色がちゃんと出てな~い(泣)
f0030664_19114339.jpg
玄関の門柱。大工さん働いてるとこゴメンナサイ(^^;)
今日は写真が多いので久々にもっと見たい方はこちらをクリックしてね→

王の城続き
by cuarto-dos | 2006-11-14 20:18 | Road to my home

王の城築城日記⑫落成間近!part2!

明日は埼玉県民の日。我が社は埼玉県内にある職場として明日はきちんと休日です。偉いっっ!ということで、本日も出張帰りの疲れが全くとれてはいないのですが、予告した以上頑張ってみるか……どこまで頑張れるか不明(汗)

まずは10月に撮っておいた写真があったのでこちらから。いずれも10月18日の撮影時のものです。
f0030664_22213220.jpg
玄関から外を撮った1枚です。もう夕方だったので暗いです。
f0030664_22235372.jpg
2階にあがると、まだ大工さんが仕事をしていたので明かりがついている所で写真がとれました。こちらはダイニング&キッチンの縦型の3連窓です。
f0030664_22281442.jpg
3階から見た2階への階段です。
f0030664_22345974.jpg
収納部分も取り付けられてました。
f0030664_22393669.jpg
とりあえず、こんな感じで開きます。

ごめんなさい。やっぱり今日は疲れが激しくここまでですm(_ _)m
by cuarto-dos | 2006-11-13 21:46 | Road to my home

王の城築城日記⑫落成間近!

暦はすでに11月も半ば、7月より始まった王の城の建設も急ピッチで進み今月中には落成となる予定である。先月は築城日記更新しなかったので今日はここ1ヶ月くらいで進んだ部分を惜しげもなくアップするので見ていただきたい(笑)


と、思ったのだが昨日からの東松山出張で身も心も疲れ果てたので今日はこちらで許してね(^^;)今さらだけど、これが完成図です。
f0030664_22551433.jpg
明日、“人類史上初!!長期間内部潜入、密着レポート、カメラが捕らえた王の城の全貌!!”←“全米が泣いた!本年度アカデミー賞最有力作品”の触れ込みでお送りする予定です(爆)
by cuarto-dos | 2006-11-12 22:56 | Road to my home