カテゴリ:横浜・川崎( 9 )

王の出張~川崎編~⑤=最終回~パティスリーRuffel

10日以上前の川崎出張編の最後です(相変わらずアップが遅くてごめんなさい)土曜日の夕方、前回の④で紹介した清水港に行く前にやはりブレーメン通り商店街をブラブラ。前日とは反対方向へ行ってみようということになり元住吉駅から離れる形で進んでいくと、1軒のおいしそうなお店を発見。
f0030664_2224467.jpg
f0030664_22254944.jpg
こちらのお店パティスリーRuffel(リュッフェル)です。お店はブルーを基調としており爽やかな感じのお店です。なお、したの写真に映ってる方は王じゃ、ありませんよ(念のために。こんなやせてないって…汗)さっそく店内へ。
f0030664_2247598.jpg
f0030664_858555.jpg
f0030664_8582349.jpg
店内もブルーで統一されていました。中には地元のご婦人方が3、4人ほどケーキとお茶を楽しんでいました。そんな中、男1人で入って行く王は明らかに浮いた存在。しかも店内の写真をとっていいですか?って質問には最初、不審な男と思われた様子。趣味でブログをやっていてできたら写真とらせてもらえたらありがたいのですがときちんと説明したら、いいですよとの了解を得ることができました。それでも、ご婦人方の目は冷ややかでした(汗)
f0030664_97211.jpg
オーダーしたのは、岩手産のラ・フランスの100%ジュース。濃厚な味でした。
f0030664_991559.jpg
そしてケーキにしようかた思ったのですが、おすすめってことでこちらのジュレパンプルムース。詳しくはお店のHPに商品の説明載ってますのでそちらを参考にしてください。グレープフルーツの酸味がとバニラのババロアの甘みのコラボレーションがとても素敵な味でした。これからの季節にはピッタリですね。
f0030664_913124.jpg
店内にはこのようなケーキが並んでいました。次から次へとお客さんが来て、なかなか写真撮るのも迷惑だったと思います。すみませんm(_ _)m
f0030664_9144812.jpg
こちらはお土産に買ってきた元住プリン。上の黒い粒はバニラビーンズですね。もう少しフワッとしてる方がいいかな。
f0030664_917279.jpg
f0030664_917183.jpg
f0030664_9173383.jpg
こちらもお土産に買ってきたジュレ。暑くなってきたので、冷蔵庫でキンキンに冷やして食べるつもりです。紙袋もやはりブルー。ちなみにこの猫はお店のマスコットでジュアン君というそうです。なかなかよいお店でした。


と言うことで、今回の川崎出張編はおしまいです。
by cuarto-dos | 2006-06-28 22:55 | 横浜・川崎

王の出張~川崎編~④~寿司ダイニング清水港~

ここ2、3日、夜にPCを開く気力もないほど疲れきってます。なかなか更新できずに申し訳ありません。なお、明日からは、またまた2泊3日で熊谷に出張です。



さて、川崎の2日目の夜は前日のやきとりひろちゃんの斜め前に見つけた素敵な寿司ダイニングのお店へ。
f0030664_1203420.jpg
外観はとっても小綺麗な感じで好感が持てます。さっそく店内へ。こちらのお店は夕方17時から営業しているのですが、駅前の商店街ということもあるのでしょうが入店した時にすでにカウンターに2組の先客が、そして我々のあとも次々に来客。すぐに満員になってしまいました。やはりこういう小綺麗なお店は今、人気ですね(前日のひろちゃんは小綺麗ではないけど満員でしけど…汗) そして飲み始まってから店主の方に“昨日もうろうろされて、うちのお店も覗かれてましたよね、何度も商店街を通ってるんで出店を考えてる方かと思いましたよ”と言われN先輩と二人で爆笑。不動産屋か何かかと思われていたようです……(^^;)(その後、誤解はとけましたが)
f0030664_1273441.jpg
店内もやはり明るく、清潔感があり味も期待できそうです。さ~て、今日のおすすめは何かな?
f0030664_1283189.jpg
来た、来た、来た~って感じです(^o^)ブラボー!片っ端からやっつけていくぞっ!~と思ったのですがこの日はややエンジンのかかりが遅く、出足はやや鈍かったです(その分、後半はペロンペロンになっちゃいましたが…反省)
f0030664_1213322.jpg
f0030664_12131769.jpg
まずは生ビールから(^o^)お、お通しもおいしそうだ~!じゃ、そろそろ行きますかぁ?
f0030664_1216681.jpg
右:かつおの造り。おすすめメニューにあった通り。勝浦からの入荷モノ(お店談)この時期特有のカツオの味ですね。秋の戻りカツオに比べると脂はやはり少ないですが逆にさっぱりとして美味でした。左:とびうおのたたき。こちらもおすすめから。伊豆より入荷。とびうおはほとんど食べたことがなかった(昔、食べたことがあるけど味も食感も覚えていません…)ので是非と思いオーダー。けっこう骨っぽい魚であることが判明しました。身も締まっている感じ(ま、飛ぶんですから。脂ノリノリじゃ飛べないですよね。)アジのたたきよりは堅いです。生姜醤油でこれまた美味。
f0030664_12244533.jpg
次ぎに出てきたのは……爆発!!前沢牛のタタキ。いや~言葉が出ない。この柔らかさ、たまりませんね~皆さんにも食べていただきたいです(^^)
f0030664_12262550.jpg
どうですかぁ~!このサシの具合は。しかし、N先輩はあまり肉は好きではないようなので1枚しか食べず、あとは王が1人で全部ペロリといただいちゃいました(^^)これだけ食べたのに、おかわりしたくなるくらいの非常に危険な一品でした。
f0030664_12293879.jpg
ここでお酒はチェンジ。黒糖焼酎の長雲があったのでこちらをオーダー。しかし、ちょっと度数が強く、一気にエンジンに点火(爆)
f0030664_12312218.jpg
こちらは同じような写真ですがその後から、飲み始まった焼き芋焼酎の“黒瀬”。以前に“武”で紹介しましたがこちらにもあったので飲みました。これがいけなかった。このあと、何杯飲んだか覚えてないほど。長雲に比べると薄いので、ついつい……
f0030664_1256210.jpg
次ぎに光り物。小鰭としめ鯖です。この締め加減がまたいい感じでとってもおいしかったです。王的にはもう少し酸っぱいほうがいいのですがN先輩はこの小鰭を気に入ってました。だんだん、火がついてきた~!
f0030664_1258364.jpg
唯一、ダメだった。穴子の白焼き。こちら、最初にオーダーしてあったのですがすっかり忘れられていたのか、こちらから催促。そして、そのあと出てきたのですが日干しのように縮んでいて穴子特有のふっくらした感じがまったくありませんでした。残念。これが最初に出てきたらすぐにこの店を引き上げたかもしれません。それくらいこれはひどかったです。
f0030664_1315178.jpg
こちらは自家製の薩摩揚げ。練り物も好きな王、薩摩揚げは大好きな一品です。この店のも大変おいしかったです。

こちら、清水港は揚げ物もやってまして、散々食べて飲んだあとに今度は串揚げにチャレンジ。
f0030664_1373024.jpg
こちらがそうなんですが左から、チョリソー(辛かった)・小柱・アスパラ。お腹いっぱいですが全部平らげました。そして仕上げはやはりお寿司。ここのお寿司は小ぶりでうれしいです。
f0030664_1311597.jpg
左奥から中トロ(絶品!)・小柱・イワシ(今や高級魚です)・手前はかんぴょう巻ワサビ入り・トロたく(トロにたくあんが入っていてこれまた絶品でした)いや~食べた食べた最高(^^)/いいお店でした。2人で2万円でおつりがきました。しかもそのうち1万円以上が酒です(^^;)あ、大事なの忘れてた

大事なのはこちら
by cuarto-dos | 2006-06-22 08:13 | 横浜・川崎

王の出張~川崎編~④ひろちゃん

さて、夕方になりそろそろ美味しいモノをたべるかということになり、これまたブレーメン通り商店街をウロウロ。魅惑的なお店がけっこうあり、あれもこれも食べたくなってきたのですが、1日目はそのロケーション(笑)に惹かれてこちらに決定。
f0030664_9141657.jpg
f0030664_9145984.jpg
f0030664_9154474.jpg
おぅ!オープンエアーのお店じゃん。って、懐かしき縁台が外に出ているこちらの焼き鳥屋さん。お店の看板も出てないけど“ひろちゃん”と言います。ここブレーメン通りで店を開いて23年と言ってました。商店街の中でもけっこう古いお店だそうです。店内は5人も座れば満席。そして外のこちらの席が用意されていてます。こりゃ、ここしかないねということでこちらのお店に決定。商店街を通り行く人々に見られながら飲むっていうのもいいものですね。地元じゃなかなかそういうわけにはいかないですが…でもこちらの商店街はホントに人の暖かさを感じさせてくれる商店街でした。そしてここ、ひろちゃんにもいつもの常連の方が来ているようです。70歳を超えるような老人と若いカップルがこのような縁台に座って飲みながら楽しそうに話している光景は微笑ましいものです。そしてそのお店の雰囲気は店主の人柄にもよるんでしょうね。焼き鳥を焼いてるマスターは王と同じ36歳。お母さんと二人でお店を切り盛りしています。この二人が大変、いいコンビです。さてそれでは食べたものを。
f0030664_9363693.jpg
まずは生ビールで乾杯。最高だ~(^^)外で飲むっていうのはこんなにウマイのかと再確認です。
f0030664_9383450.jpg
焼き物の前に、明太おろし。豪快です。明太子がまるまる1本入ってます。
f0030664_940527.jpg
そしてメインはやはり焼き物ですね。
f0030664_9411056.jpg
適当に2本ずつ5種類焼いてもらいました。まずはレバー。1本目から爆発!ウマイ。柔らかくてタレの加減もちょうどよい。
f0030664_9412586.jpg
続いてはタン。こちらはレバーと違って歯ごたえがありこれも中から肉汁が溢れてきておいしいです。
f0030664_9413814.jpg
こちらはスペシャル。カシラのちょっと下の部分らしいですが、これも歯ごたえがあり脂もたっぷり。
f0030664_9415781.jpg
続いて左側がスキミ。右側がカシラ。スキミの方は柔らかくカシラはコリコリした独特の食感がたまりません。あっというまに10本完食。
f0030664_9422829.jpg
ところが途中からペースダウン。思った以上に腹にたまってきたようでなかなかすすみません。少し休憩をはさんで、頼んだのはこちらソーセージ焼き。魚肉ソーセージが出てくると思って期待したのですが、出てきたのはシャウエッセンのような“ウインナー”です。でもこれも焼きたてででプリッとした食感はおいしいです。
f0030664_9425435.jpg
N先輩はもう満腹でほとんど食べないので王だけ追加。さっき食べてないのをお願いということでこちら右側はコブクロ。これも独特の歯ごたえというか食感がうれしい。しかも塩焼きで塩の加減がまた素晴らしい。左側はガッツ。牛で言えばミノにあたる胃袋です。これもけっこう歯ごたえがありおいしい。
f0030664_9432697.jpg
続いてはハツ。写真のようにこちらはたっぷりの肉汁が出てきてすごくジューシー。
f0030664_9434487.jpg
最後にシロ。こちらはタレがあうようなのでタレで食べました。
f0030664_104273.jpg
こちらは次の日に2軒目、いわゆるハシゴでもう一回ひろちゃんへ行った時のモツ煮込みです。これもおいしかった。モツがよく煮込まれていてとろけるように柔らかかったです。串焼きは全品1本110円の超明朗会計。お酒もプレミアムな焼酎や地酒もないけど、ここには酒やつまみ以上に昔の飲み屋の良さのプレミアムがある。最近、こんなお店で飲んでないけど、これが昔の日本の良さだったんだろうなと思わせる楽しいお店でした。値段的にも一人3000円も払ってないのにお腹いっぱいの第1日目の夜でした。
by cuarto-dos | 2006-06-19 08:05 | 横浜・川崎

王の出張~川崎編~③アンジェレッタ

N先輩との元住吉ブレーメン通り商店街を散策。その途中でおいしそうなパティスリーを発見。さっそく立ち寄ってみました。
f0030664_8384969.jpg
こちらのお店angeletta~アンジェレッタ~は元住吉駅西口からブレーメン通り商店街を歩いて5分くらい。不二家洋菓子店のとなりにあります。ケーキも何種類かあるのですがこちらのメインは
f0030664_8443782.jpg
f0030664_8444615.jpg
このケースの上段に並ぶワッフルだそうです(あ、曇っちゃってる…(>_<))で、王が購入しようとしたのはこの時期の旬かなと思い、ダークチェリーのワッフルを買おうとしたら残念ながらソールドアウト。代わりにレモンクリームチーズのワッフルと、イチゴフルーツミックスのケーキの2個。
f0030664_852239.jpg
まずこちら。レモンクリームチーズのワッフル。ワッフルっていうと何かどら焼きみたいなボテッとした厚い皮にクリームがたっぷり挟んだ感じですが、こちらのは、どちらかというとクレープみたいな感じの皮に包み方も挟むというよりは、袋状にして、そこにクリームを絞り込んだような形です。レモンクリームの爽やかさとチーズの濃厚な味がたまらないです。抜群にウマイ!!2、3個買えばよかった。
f0030664_8573372.jpg
f0030664_8575274.jpg
こちらはイチゴミックスケーキ。これは不味くはないけど、ちょっと特徴がないです。フルーツのパンチ力も弱いし、スポンジもクリームも甘さ控え目なのか…やはり断然にワッフルがおいしいお店ですね。
by cuarto-dos | 2006-06-19 08:04 | 横浜・川崎

王の出張~川崎編~②“決戦の日”

今日は日本VSクロアチアの決戦の日。日本にとっては負けられない日ですが、実は王の今回の出張も王の1年の仕事の中では1、2を争う大事な出張です。是非ともいい仕事をして帰りたいです。昨夜はそんな大事な前日ですが痛飲。普段だったらもう動けないほどの酒量ですが、さすがに今日がどれだけ大事なのか身体がわかってるようで今朝はすっきり(?)起床。では、これから川崎での最後の仕事に行ってきま~す。
by cuarto-dos | 2006-06-18 05:56 | 横浜・川崎

王の出張~川崎編~①

昨日より神奈川県川崎市に来ています。日曜日までの2泊の出張。さて出張と言えばやはり楽しみなのは食事ですね。ということで自称グルメな王が昨夜の様子をリポート。
今回の出張は先輩のNさんとの出張。仕事を終えてホテルにチェックインすると、N先輩からさっそく探検に行こうよということで出発。我々が泊まってるのは川崎市でも中原区。駅で言うと東急東横線の元住吉駅。両隣が有名な慶応がある日吉駅と川崎フロンターレの本拠地がある等々力競技場がある武蔵小杉駅です。で、この元住吉駅っていうのは王も初めてで何が有名なのかも全く知りませんでした。ホテルのフロントで聞くと駅前の商店街を紹介されました。ここまで来て商店街も……と思いながらも行ってみるとこれが楽しい!!その名もブレーメン通り商店街。商店街の詳しい紹介はこちら。名前の通り、ドイツのブレーメン(音楽隊で有名な町ですね)と交流関係にある商店街で、まさに今、サッカーワールドカップの真っ最中。ここの商店街もドイツのような熱気に包まれてました。
f0030664_634307.jpg
f0030664_6381932.jpg
おっと、早起きしたつもりなんだけど、もう今日の仕事に行く時間。続きはまたあとで(^^)/
by cuarto-dos | 2006-06-17 06:40 | 横浜・川崎

追加のお知らせ

さいたまの王、横浜へ行く~後編~に追加記事がありますのでよかったらお読み下さい。ショボイ内容ですが。本日、記事を見たY君より“餃子のことが書いてないです”との指摘をうけましたのでアップしました。
by cuarto-dos | 2006-05-03 21:44 | 横浜・川崎

さいたまの王、横浜へ行く~後編~

横浜高島屋で目的の買い物を終えた王とY君。無理矢理連れてきたのでお昼くらいはごちそうしなければと思い、何を食べたいかと聞いたものの、何でもいいですとの答え。では、やはり横浜まできたら中華街へということで、初めて東横線直通のみなとみらい線で中華街まで。車で何度も来たことあるのでけっこう詳しい新山下や元町や中華街ですが、初めて電車で降りた元町・中華街駅は新鮮でした。天気もよく観光客もたくさんでした。そして王とY君も先ほど買ったロールケーキなどをたくさん持ちながら中華街へと向かったのでした。
f0030664_1132428.jpg
そして本日のお目当てのお店は、やはりひろさんが以前に紹介した梅蘭のやきそばです(ブログはこちら)中華街の東門から入り、中華街大通りをしばらく歩き市場通りを左折。やはり日曜のお昼時、すごい人の数です。けっこう並んでるお店も多く、“これはイヤな予感……”そしてその予感は
f0030664_12321023.jpg
f0030664_11124578.jpg
あ~あ、やっぱり。しかもこの写真は行列の前から3分の1くらいの位置で撮影。これの3倍は並んでいました。さすがにラーメン店と行列の質が違う(1杯食べて帰るのとは違う)だろうということで泣く泣く断念。しかし、ダテに中華街にすでに何十回も来ている王は“たしか梅蘭の支店があったはず”と思いY君には、“どこにする?”と聞きながらあくまで他の店に行くそぶりで一本隣りの香港路へ。そう順海閣新館と中華街に燦然と輝くとんかつのつね勝(ここはひそかに名店らしい。漫画家でコメンテーターとしても活躍中のやくみつるのサインもあるのだ!!)の間の路地を入ると梅蘭新館があるのだ!!
f0030664_11312135.jpg
ここは意外に穴場なのだ(横浜チャイナタウンというサイトにも、こちらの新館は載ってないんですょ)それでもこちらも10人くらいは行列。しかしこれなら待てる範囲ということで並びました。待つこと20分くらい。店内に入ることが出来たのですが………1階のテーブル席ではなく2階の畳の部屋へ。しかも窓側の1番端の席は巨漢の王にとってはこの上ないきつい場所。そしてそこに座り窓の外を見る様子は……

こちらをクリック
by cuarto-dos | 2006-05-02 06:43 | 横浜・川崎

さいたまの王、横浜へ行く~前編~

はい、あの映画のタイトルのパクリです(爆)GWに入るのに合わせて風邪を引いた王です。しかしいつもコメントをいれてくれる横浜のひろさん(ブログはこちら)から横浜高島屋の大北海道展で苫小牧のサンドミニックが出店しているとの情報を得たからには多少の風邪でも行かなければ後悔すると思い、嫌がる後輩のおなじみY君を早朝からメール・電話でたたき起こし一緒に同行させました(笑)GWの横浜はさぞ混雑してると思い、本日は電車にて出陣。大宮駅の中の薬局で念のため葛根湯のドリンクタイプを飲み干してから湘南・新宿ラインで1時間、電車の中でもまだブツブツ文句を言ってるY君と共に横浜へ到着しました(あ、ちなみにこの湘南・新宿ラインはヒットだ!横浜まで60分で行けるのはいいねぇ。ちょっとお金だしてグリーン車で座席すわるとちょっとした小旅行気分になれそうだし)。で、他に脇目もくれずまず横浜高島屋8階へGO!(どうでもいいけど“たかしまや”って言いにくいよね、子供の頃、大宮の高島屋をいつも“たかしやま、たかしやま”って言ってた)。すごい人!3月に浦和伊勢丹の北海道展もけっこうな人だったがさすが横浜。規模が違う。で、結論としてはサンドミニックのロールケーキ、“ルーロー・オ・フリュイ”は買えました。が、この画像は後日ということで。期待した方、すみませんm(_ _)m
           
で、今日はその他の写真をアップしますね。まずはこちら
f0030664_21595711.jpg
f0030664_221935.jpg
今や、この手の北海道展ではマルセイバターサンドの六花亭、や白い恋人の石屋製菓などを押さえてダントツ人気の小樽のルタオです。まさに1人勝ち状態。この日も行列がすごく“ルタオ最後尾はこちら”のプラカードが出る始末。そして、な、な、なんとあれだけ来るのを嫌がっていたY君、王の“せっかく来たんだから何か買えば”と言うと“じゃ、ルタオ”と来たもんだ。この行列に並ぶとは……うむうむ、2月の福生でのラーメン2時間待ちをはじめ、ここまで数々の行列に一緒に並ばせ育ててきたことが実ってきたな(笑)ということでY君はルタオの行列を1人で並び、流行のドゥーブル・フロマージュではなく1日120本限定の苺とルヴァーヴのロールケーキと
f0030664_22142072.jpg
小樽のジャージープリンをゲットしました。そしてそのうちの1本を王にくれました。Y君ありがとう!ちゃんと報告しておいたよ。
                                  
しかし、Y君、君には謝らなければならないことが一つある。それはね……

これだよ
by cuarto-dos | 2006-04-30 22:51 | 横浜・川崎