明石のひっぱりだこ飯

今日の紹介もタイムラグ。先日って言ってもだいぶ前だけど近くのイトーヨーカドーで全国駅弁大会みたいな催しやってて、親がちょうど買い物に行くというので夕飯に買ってきてもらったのがこの兵庫県の西明石駅の名物駅弁、淡路屋のひっぱりだこ飯です。
f0030664_23555664.jpg
この淡路屋は兵庫県ではかなり有名な駅弁業者として知られているそうです。人気メニューの一つに何と“タイガース勝めし”という阪神球団承認のロゴが入った駅弁もあります。その中でこの“ひっぱりだこ飯”は数ある淡路屋の駅弁の中でも1、2を争う人気商品で全国各地の百貨店などで催される駅弁大会やうまいもの大会などに出品されてます。
f0030664_0142935.jpg
平成10年に完成した明石海峡大橋の開通を記念して販売開始となったそうです。
f0030664_0164014.jpg
こちらにその説明が書いてあります。そして何と言ってもその形ですよね。蛸壺を模して焼いた容器はなかなか凝っています
f0030664_0185276.jpg
これがその容器です。商品名もなかなか愉快ですが描かれたタコもどこかユーモラスです(^^;)
f0030664_023453.jpg
中味は当然タコも入ってますがそれ以外にも具がいろいろと入ってます。その中でも見えませんが穴子が中に入っており、これを味のついた炊き込みご飯と混ぜ合わせて食べるのが最高です。量の方も蛸壺にぎっしり奥までご飯が入っており、駅弁にありがちな少量の失望感はあまりないです。満足の一品です。みんなの家の近くで駅弁大会やってたらぜひ、こちらをどうぞ。又は、関西に行かれる方、買って損はないですよ。
by cuarto-dos | 2006-04-14 23:56 | food・drink
<< It’s a spring! アニック@鳩ヶ谷のケーキ >>