目白 AIGRE DOUCE~エーグルドゥース~

無制限容量になってからのまず1発目はこちら。昨年の年末に行って以来2度目の来訪。目白のエーグルドゥースです。やはりここが王が今、一番気にいってるスイーツショップですね。
f0030664_234041.jpg
今回はあの町内会の掲示板に邪魔されないように至近距離から撮影。あの掲示板がいかに正面からの撮影に影響するか、行った方ならわかりますね(爆)さて、この日はホワイトデー近くということもあって店内はやはりにぎわっておりました。そんな中で寺井パティシエ自らが商品を並べておりました。すごい目力。オーラを放っております。やはり何か違います。こういう人がパティシエをやっている、そして忙しい中、自ら商品の陳列もやっている。評価が高まるのは当然ですね。まだ2回目ですがとにかくこの店の商品はいわゆるハズレがありません。今回も大当たりでしたよ。



f0030664_23555376.jpg
今回どうしても食べたかったのがこのタルトレット・オ・フレーズ¥420。この苺のタルト、王が某雑誌で初めて見た時に王の心臓を1発で射抜きました(爆)どうしてもこれが食べたかった。しかし、前回は無念のSOLD OUTでした。今回は見事にゲット!!!どうですか、このフレイズの輝き具合。そうです、これは苺にコンフィチュール(自家製のジャム)を塗ってあるんですね。そしてそれは苺の部分だけでなく見えない部分ですがタルトの部分にも塗られています。粉糖をまぶしたアーモンドの風味も何気ない作りのようですがしっかりと口の中では主張がなされています。どうしてもタルトというとTOPの部分だけに注目しがちですが、このお店の商品のコンセプトがトータル的においしいものをと考えているようなのですが、このタルトなどはそのコンセプトが伝わってきますね。酸味と甘味という店名の由来どおり、苺の瑞々しい酸味とコンフィチュールの甘味が絶妙なハーモニーです。文句なくおいしい1品です。
f0030664_23582829.jpg
f0030664_23594681.jpg
続いてはこちら。今やエーグルドゥースの代名詞とも言えるケーク。そのケークの中でも1番人気がこのケークキャラメル¥1050。他店で言うパウンドケーキなんですがこちらのものはまず長さが22cmとなってます。そして幅も普通のパウンドケーキより極端に細いですねが、あのパウンドケーキの野暮ったさがありませんね。けっこう、パウンドケーキって途中で飽きるんですよね。そうした点をふまえての寺井さんの考えのようです。“上から下までを食べたときに全てのおいしさがわかるように”とのコンセプトです。型はやはり特注の型を使っているそうです。このあたりのスタイリッシュさが寺井パティシエのセンスが伺えるところですね。上にかかってるキャラメリーゼのプラリネは飴細工のようにパリパリとしてちょっとビターなアダルトな味に仕上がってます。下のケーキ部分も焼き加減が絶妙です。一番人気も納得。これなら1本喰い行けそうです(^^;)
f0030664_004986.jpg
f0030664_014532.jpg
f0030664_05456.jpg
f0030664_064174.jpg
そしておなじみのマカロン各¥320。たしかに他店からするとちょっとプライス高めの設定ですが、お金じゃ買えないプライスレス(笑)な味です。今年に入りマカロンいろいろ食べてますが、やはりここが1番!!断言します。特に今回は2番目のアプリコットを初食。ほかのマカロンもそうですがこれもクリームのねっとり感と酸味感が素晴らしい。それをコーティングしているメレンゲの部分の甘さが非常にバランスがいい。欲を言えばもう一回り、小さくして1個¥200円くらいならさらにうれしいですけど。王の中では最高のマカロンです。
f0030664_073146.jpg
これは今回初めて買ってみました。マカロンのようにやはり中にストロベリーのクリームが挟んであり(これまた爽やかな味)それをマカロンよりもしっとりとしたパイ状(あってるかな?)のもので挟んであります。1個¥190。これまた◎                                      
                                             
ということで賛美に終始しましたがそれくらい美味なんですよ!!
by cuarto-dos | 2006-03-19 23:40 | おやつ
<< 北海道展@浦和伊勢丹 オープニングからやっちゃいましたぁ >>