あれから1ヶ月

人間、誰しも、あの頃に戻れるものなら戻りたいと思うもの。でも、その多くは個人の懐古的な思いかもしれない。しかし、今回は断じて違う。一個人の感傷的な思いではなく、1ヶ月たった今だからこそ、本当に切実に思う。戻れるなら、全てが変わってしまった大地震が来る前に、私の従姉妹の命や親戚の家を奪った憎き津波が来る前に、そして人々を恐怖に陥れた原発事故の前に……でも、前を向こう。涙をこらえて。義援金でもいい。節電でもいい。しかし、もっと大事なのは全力で1日1日を過ごすことだと思う。恐怖におののきながら、失意に打ち拉がれながら、でも、強い心を持って、全力で1日1日を過ごすこと。それが、今を生きている、我々ができる、被災して亡くなった人達への弔いなのだと信じる。だから、1ヶ月過ぎた今、明日から、また1歩ずつ全力でやれることをやって生きていく。
# by cuarto-dos | 2011-04-10 17:51 | writing

中華スペシャル!1

余計な説明はするまい。
It's show time!
f0030664_19251534.jpg
f0030664_1925336.jpg

f0030664_1926182.jpg

あたしの為に真弓監督の缶を飾ってくれるところが心憎い(笑)
f0030664_1927587.jpg
本日のメニュー

まずは冬の味覚を盛り込んだ特製前菜
f0030664_1931225.jpg
芽キャベツとチキンロール。芽キャベツ食べてから写真取り忘れたのに気づきました(汗)
f0030664_19311319.jpg
チャーシューと煮豆&蓮根素揚げ
f0030664_1931868.jpg
本マグロ紹興酒漬
f0030664_1931347.jpg
伊勢エビの揚げ団子南蛮漬け
f0030664_1930576.jpg
中華風冷製ぶり大根
f0030664_19305099.jpg
イクラとクラゲの冷菜。のけから大興奮。

続いてこれまた珍味というより超美味
f0030664_19405044.jpg
蒸籠に入って仲よく登場
f0030664_1941571.jpg
こちらマテ貝黒豆ソース蒸し。ピリ辛の黒豆ソースがたまらん。このソースだけで何杯も酒が進んでしまう危険な味!
f0030664_19411955.jpg
こちらは蛤のにんにく風味蒸し。餃子の具のような食感と味のソースが蛤の旨みを封じ込める。これも書いているだけで、また、よだれが出そう。次ぎ行きたいけど長いので、本日はここまで!
ってまだ料理としてはコースのわずか2品なんだけどね…次回をお楽しみに。
# by cuarto-dos | 2011-01-25 14:21 | 王様のグルメ手帖

武蔵野うどん藤原

以前(と言ってもだいぶ前。記事はこちら)に紹介した藤店うどんの店長さんが2008年に独立して開店したのが藤原。その藤原にこの1月、身も心も熱々になる新メニューが登場しました。
f0030664_1413231.jpg
相変わらず、麺は素晴らしい歯ごたえ。この日は寒くてあつもりにしました。
f0030664_1432299.jpg
新メニューは旨辛つけ汁うどん!自家製唐辛子たっぷりの辛い付け汁。韓国のチゲ鍋のような味ですが、その辛いこと辛いこと。火を噴きそうです。さらに上にのってる糸唐辛子がこれまた辛さを助長。真冬なのに汗ダラダラです。この日は新メニュー初日で、女将さんが客に感想を聞いていましたが、どの客も“辛いです”の連発でした。しかも、女将さん曰く、“あつもりは余計に辛さ感じると思いますよ”
早く言って欲しかった(^^;)
f0030664_1410365.jpg
大好物の竹輪の天ぷらはいつもの味でした(^^)うまい!!


辛いもの好きな方、うどん好きな方、HOTになりたい方、すぐに藤原へGO!

藤原の場所はこちら

# by cuarto-dos | 2011-01-22 14:30 | 王様のグルメ手帖

皆様、あけましておめでとうございます。

今年は、もう少し更新頑張るつもりですが、この調子かもしれません。気長に待っていてください。
# by cuarto-dos | 2011-01-03 06:58 | compliments

本年最後のお買い物(爆)

2010年もあと1時間あまり。まもなく今年も終わろうとしているこんな時に、今年最後のブログ更新です。皆さん、毎年、その年最後に購入したものは何でしょうか?たとえば年越しそばの材料だったり、年賀状をこの大晦日に終わってなくて書こうと思ったらペンがなかったのでペンを買いにいったり、紅白歌合戦みながらお菓子と飲み物でもとコンビニに買いにいったりといろんな人がいるでしょう。中には新年早々、大きなテレビでなんてということで最後の最後に大きな家電を買ったりという人もいるかもしれません。そんな中、あたしの、今年の最後の買い物を発表しますよ!あたしらしい最後ですからね(笑)

あたしの2010年掉尾を飾るのは
# by cuarto-dos | 2010-12-31 22:58 | goods

天才料理人再登場

皆さん、クリスマスはいかがでしたか?王はキングダム(笑)でのクリスマスでした。しかし、今年のクリスマスは、我がキングダム(しつこいって)にあの伝説的料理人が再登場。この料理人について詳しくはこちら
では、一挙にいきましょ。It’s christmas dinner show!
f0030664_8413943.jpg
まずは、こちら。乾杯の肴にと出されたのはマグロのアボガド和え。皆さんも知っての通り。マグロとアボガドの相性は抜群。アボガドを丁寧に裏漉しして、脂の乗ったサイコロ大にカットしたマグロと和えた一品。その上に散らした葱も絶妙なアクセントに。一品目からそうきたか。いやが上にもこのあとが楽しみになる出だし。
f0030664_12357100.jpg
2品目は、サーモンと鯛のカルパッチョ。紅白に彩られたサーモンと鯛のコントラストに、葉物類の緑、プチトマトの赤、パブリカの黄色が見た目にも華やかでクリスマスムードを盛り上げる。
f0030664_12482259.jpg
続いてはグラタン。シーフードスペシャル。中が見えないが牡蠣と海老と烏賊がゴロゴロ入っており、なめらかなベシャメルソースは、とてもクリーミーかつ濃厚な味わい。“海のミルク”牡蠣と牛乳のダブルミルクのハーモニーが口の中で広がる。焼き具合もちょうど良し。これまた素敵な一品。そして、続いてはメイン。
f0030664_12565665.jpg
素晴らしきサシの入った牛肉。さぞかしと思い、以前の石垣牛(これについては冒頭のリンク参照)レベルかと聞くと、“イヤ、あれほどではないが、まずまずの肉が手に入ったよ”の返事。そして、まさか肉だけではないと思っていたら、
f0030664_1305590.jpg
もしかして、この色!
王:もしかしてアレかい?
料理人:そう、アレだよ。
王:GJ!メルシー!グラッチェ!ブラボー!!
そうです。フ♪ォ♪ア♪グ♪ラ♪
まさか、家でフォアグラが出るとは……では、焼いてもらいましょう。
あんたの肝臓の方を心配しなさいよというお約束のツッコミは無視させていただきます(笑)
f0030664_1374026.jpg
肉投入!
f0030664_1382364.jpg
肉、良し!
f0030664_1315582.jpg
フォアグラ投入!
f0030664_13242382.jpg
フォアグラ、良し!
f0030664_13164970.jpg
これが、料理人の腕、そして手。さすが本職の腕。太さが違う。そして年季の入った手。職人の手です。
f0030664_13285451.jpg
完成。牛肉とフォアグラのソテー。ソースはバルサミコ。たまらん。絶品や。そこそこの肉って、これも素晴らしい味じゃないの!とろけるような柔らかさ。そしてフォアグラは……言葉になりません。言葉になりませんから書きません(笑)まだまだ終わらないdinner show。続いては立て続けにどうぞ。
f0030664_13385658.jpg
f0030664_1336045.jpg
f0030664_13365161.jpg
f0030664_13404531.jpg
f0030664_13415569.jpg
f0030664_13425330.jpg
f0030664_13453683.jpg
f0030664_13461421.jpg
f0030664_13483379.jpg
ボンゴレロッソ&パスタエスパニョーラ&ガーリックトースト。怒濤の3連発。立て続けに調理。スゴイ。あんた、医龍の朝田龍太郎かいというようなスピードで本日のディナーを一人で全てやりこなした天才料理人の最後の一品は
f0030664_13543098.jpg

f0030664_8581662.jpg
こちらシャンパーニュゴールドに輝くゼリーが見えます。これは王も初めて食べる代物。愛玉子(オーギョーチィ)なる台湾のゼリーで『愛玉果凍』(オーギョーチィゼリー)と書くそうです。その愛玉果凍とフルーツとサイダーをシャーベットに使ったデザートです。最後の最後まで本当に素晴らしいdinnerでした。


誰かが言いました。身内や家族に料理人がいる人は幸せだと(^^)ちなみにこの天才料理人の専門は中華ですが、この日は最後のデザート以外は中華は出ませんでしたが、どれもこれも専門外なのに最高の味でしたよ。
# by cuarto-dos | 2010-12-28 13:56 | 王様のグルメ手帖

2010~王、オーストラリアへ飛ぶ~②

カンタス航空QF22便は予定通り20時に成田を離陸。オーストラリアシドニーには翌日の7時35分到着予定。時差1時間+サマータイムで1時間。2時間の差があるもののやはり機中で9時間はつらい。また、あのきつい時間に耐えなくてはと思うと憂鬱である。そんな憂鬱な気分を吹き飛ばすには、やはり
f0030664_21241821.jpg

美味しくないとわかっていながらも機内食に期待してしまうものです。今回は魚と肉のセレクトで肉を選択。ヒレカツ丼でした。さらによくわからないのは、梅しそ巻き、いなり寿司、山菜の煮付け、筍煮にパンという組み合わせ。そしてマロンプリン。完全な和洋折衷。しかも、使う用途がほとんんどない金魚の醤油がさらにもの悲しさを醸し出していますよ!it's Japanese style!!とでも言いたげなこのメニュー。ドリンクも、今や日本では姿を消したDiet Colaにしてみました(笑)日本ではCocaーcola ZEROに完全にその地位を奪われましたがこんな場所で再見するとは!!しかし、その味のひどいこと(涙)普通のColaにしておくべきでした。肝心のヒレカツ丼は、あとから胃もたれしそうな味でした。これ食べて寝ようっていうのが間違いです(汗)
f0030664_2140141.jpg
やがて夜も明け、シドニーまで2時間を切ったところで、朝食登場。これが夕食に輪をかけてひどく閉口。
f0030664_2142617.jpg
f0030664_21423238.jpg
f0030664_2143454.jpg
メインは、ポーチドエッグとやら。それにソーセージと豆のケチャップ煮のようなもの。ほとんど手つかず。そしてフルーツコンポートはかろうじてパインを食しておしまい。あとは冷え切ったパンにコーヒー。そしてまず最初に空腹で飲んだオレンジジュースが胃にシミます。あぁ、早く温かいものが食べたい。行く機中ですでに、家に帰りたくなりました。
f0030664_21493256.jpg
そんなこんなでシドニーに到着。ここからはメルボルンに乗り継ぎ。国際線ターミナルから国内線へ移動。

そんな我々を待っていたのは
# by cuarto-dos | 2010-12-02 21:52 | 王の小部屋

2010~王、オーストラリアへ飛ぶ~①

11月22日、この日、5年ぶりにオーストラリアへ出発。行き先は今回もメルボルン・シドニーという、オーストリア南東部の二大都市。今回も“spirit of Australia”カンタス航空の夜行便で出発のため、午後職場から出発。まずは、軽く成田までのバスの車内で腹ごしらえ。
f0030664_21233638.jpg
しばらく、日本食も食べられないと用意してくれた寿司弁当をペロリ。なかなかの味。しかし、とうてい王の胃袋を満たす量ではない。この先、機内食だけでは、絶対空腹だろうなと思いつつも団体行動のため、時間的な制限もあり我慢。そして成田に着くと
f0030664_21283119.jpg
外は土砂降り。嫌な予感。不安を感じながら出発。どうなるこの出張……
# by cuarto-dos | 2010-11-30 21:30 | 王の小部屋

ipad購入

あたしも、ついにipadを購入しました。しかし、まだまだ初心者で使いこなせていません。とりあえず、インターネットとメールとマップだけでもと思ったのですが、それもまだ、ままならないようで……さらには、ブログの更新なんてことも簡単にできるのかと思いきや、画像アップロードができない!(アプリケーションによってはできるそうですが)なかなか思い通りにはいかないものですね。
# by cuarto-dos | 2010-11-29 19:43 | goods

あの伝説的ブログが帰ってきた!

かつて名ブログとして名を馳せたあの“王の小部屋”が遂に帰ってきた。昨日、5年ぶりのオーストラリア出張から帰国。これを機に復活。しかも、小部屋から最上階への移動と“王の部屋”ファンにはこれまたたまらないサービス(爆)この冬、もう、目が離せない!ご期待ください。
f0030664_19321415.jpg



なお、タヒチや済州はどうなったのと?いうお約束の質問はいつもどおりスルーです(笑)
# by cuarto-dos | 2010-11-29 19:26 | 王の小部屋